インド半島におけるCOVID-19のパンデミック

インド半島におけるCOVID-19のパンデミック

Dr. Dhivya Bhoopathy 獣医学修士
タミル・ナードゥ動物獣医学大学(南インド・タミルナードゥ)
マドラス獣医大学(チェンンナイ 600 007)
獣医寄生虫学部
助教授

インドでのCOVID-19の現在の状況
2021年9月12日時点でのデータ
累計感染者数 33,236,921
2021年9月12日の新規感染者数 6,595
2021年9月12日時点での患者数 384,921
退院患者数(累計) 32,409,345
2021年9月12日に退院した患者数 34,848
2021年9月12日時点での累計死者数 442,655
2021年9月12日にCOVID-19が原因で亡くなった患者数 338
2021年9月11日にRT-PCR法で検査したサンプルの数 1,530,125
COVID-19:第一波と第二波―ロックダウンと解除

 インド半島でのCOVID-19の感染者は2020年3月に増え始め、2020年3月22日、国家規模の最初のロックダウンを行うという命令(Janta curfew)が出されました。それから2020年3月25日から段階的に完全なロックダウンが行われ、何か月も続き、2020年5月17日まで必要不可欠なサービスを除くすべての民間企業や官庁は閉鎖されました。その後は州ごと、感染者数に応じて一定の間隔で解除とロックダウンが交互に繰り返されました。COVID-19の第二波はマハーラシュトラとデリーでは3月初旬、タミル・ナードゥでは4月末に始まり、2021年5月10日からロックダウンが行われました。感染が安定してから徐々に解除され、2021年6月7日まで続きました。その他のインドの州では、感染者数に応じて異なるロックダウンと解除のガイドラインが制定されました。完全なロックダウンの最中、すべての公園、体育館、モール、劇場、寺院や教会やモスクのような礼拝所、動物園、プール、大きな食料品店は閉鎖されたままでした。公共交通機関は利用できず、自家用車の使用は必要不可欠なサービスを受けに行く時や急いで病院に行く必要がある時のみ許可されました。ロックダウン中、医療用品や器具の製造など必要不可欠な企業のみが営業を許されました。

インドが直面した難題と政府による施策
難題
施策
治療とワクチン

 病院や隔離センターでは栄養価の高い食事の提供に加えて、対処療法が行われました。Kabasura Kudineer (シッダの薬)のような伝統薬を国民が使用できるようにし、各家庭にも配布されました。レミデシビルは重症患者に対して使用されました。免疫力を高めるArsenicum albumというホメオパシーの薬もパンデミックの最中に幅広く流通しました。

インドで接種できるワクチン

 コビシールド® (インドのセラム・インスティチュートが製造したアストラゼネカのワクチン)や コバクシン® (Bharat Biotech社によって製造されたもの)という2つのワクチンの緊急使用が中央医薬品標準管理機構(CDSCO)によって認められました。2021年4月、スプートニクVも緊急使用が 認められました。2021年9月11日時点、累計で7,286,883回接種が行われています。ワクチンの80%は無料で接種することができますが、民間の病院に供給された20%のワクチンは有料となっています。コビシールドを接種するのには750ルピー以上、コバクシンを接種するのには1250ルピー以上がかかります。ワクチン接種証明書はCoWinのポータルでダウンロードできます。

まとめ

 COVID-19のパンデミックによるロックダウンにより一部の人は救われましたが、大多数の人々は愛する人を亡くしたり、失業したり、隔離や巣ごもり生活により心理的なストレスを受けたりして、最悪の事態に襲われました。また、「この世に生きている者の生命は不確かなものだ」という基本的な考えを思い知る機会にもなりました。ロックダウンにより、多くの人は貧しい人に食料を分け与えたり、野良犬に餌を与えたりするなどチャリティーに参加し始め、心の中に秘めていた思いやりを示すようになりました。COVID-19のように病気による弊害は目に見えるものの起源が分からない伝染病は愛や思いやりというものこそ人間がこの世に存在する上での本質であるという教訓を私たちに伝えます。

図1:タミル・ナードゥのチェンナイの食料品店。
ソーシャルディスタンスを保つための目印が書かれている
図2.:青果店に掲示されたGreater Chennai Corporationのバナー。
入店する際にはマスクを着用するようにと書かれている
図3: COVID-19ワクチン接種会場にあるバナー
図4: COVID-19のワクチン接種を待つ人々

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、英語原文をご参照ください。(原文はこちら

pagetop