2021年度 活動レポート 第95号:筑波大学

2021年度活動レポート(一般公募プログラム)第095号 (オンライン)

復旦大学薬学部の睡眠研究グループとの交流

筑波大学からの報告

 不眠症等の睡眠障害に起因する日本の経済損失はRAND Europeに依ると15.2兆円/年と推計され、GDP比で2.92%と先進国中最悪である。 10万人規模の標準的睡眠脳波データベースを構築して国民の睡眠の実態を明らかにし、睡眠障害の治療法のみならず、覚醒時の活動能力を保持したまま睡眠時間を自由に制御する方法を見出して社会実装し、睡眠問題による経済損失を今後30年で1/3に低減する。最終的に約10兆円/年の経済損失解消、約0.1%/年の経済成長率を底上げする。過去の方法論の制限により、睡眠分野は、急速に進歩している他の医学研究分野に遅れをとっている。積極的なコラボレーションと新しい方法論の進歩は睡眠分野を急速に前進させ、睡眠に基づく障害を治療するための新しい目標を特定するのに役立つ。

 復旦大学薬学部の睡眠研究グループから10名の若手研究者、ポスドク、博士課程の学生が、JSTさくらサイエンスプログラムの資金援助を受けて、筑波大学国際統合睡眠医科学研究所(WPI-IIIS)を訪問することになった。国際交流プログラムは、中国と日本の研究者間の協力と交流を強化し、両国の学者間のさらなる協力のための良い基盤を築く。さらに、異文化の理解と交流を促進し、国際的な視野と創造性を持った人材を育成する。

 復旦大学睡眠研究センターは、中国で最も活発な研究センターの一つである。復旦大学は復興公立学校として1905年に設立。 中国人によって設立された最初の高等教育機関である。 2000年に復旦大学と上海医科大学が統合され、現在、35以上の付属病院がある。 大学には、中国科学院および/または中国工学院の47人のメンバーがいる。 QS世界大学ランキングでは、復旦大学は世界で44位、中国で3位。 学校には5つの国立主要研究所があり、そのうちの1つは薬理学部の主要研究所、その他に医学、工学などの他の国立研究所も多数ある。

 筑波大学にある世界的に有名なWPI-IIISである。WPI-IIISは、文部科学省(MEXT)が世界的に目に見える研究センターの構築を目的として立ち上げた。WPI-IIISでは、柳沢正史氏のリーダーシップの下、睡眠の謎を解く真に画期的な研究を開始するため複数の研究分野の著名な科学者が集まっている。

 残念ながら、COVIDの流行が続いているため、復旦大学の研究者はまだこの訪問を実現できていない。また、通常の海外渡航が可能になった際には、訪問を実現したいと考えている。一方、2022年2月25日には、WPI-IIISと復旦大学睡眠研究グループの初の合同シンポジウムをZoomで開催し、IIISと復旦大学薬学部の現在の睡眠研究成果を紹介することができた。本シンポジウムは一般公開され、日本、中国、ドイツ、米国から177名の参加登録があった。招待講演者は、著名なリーダー(WPI-IIISの柳沢 正史博士、復旦大学のZhi-Li Huang博士)から新進の研究者(WPI-IIISの坂口正則博士、大石陽博士、長谷川恵美博士、宮崎真一氏、復旦大学のZe-Ka Chen博士, Yi-Qun Wang博士, Dong Hui 博士)が、覚醒、NREM、REM睡眠という行動状態を制御・調節する回路の新しい細胞・分子要素を特定した最近の研究内容について議論した。

活動レポート写真1
WPI-IIISと復旦大学睡眠研究グループによる第1回合同シンポジウムの発表の様子。
活動レポート写真2
WPI-IIISと復旦大学睡眠研究グループによる第1回合同シンポジウムの参加者たち。
活動レポート写真3
WPI-IIISと復旦大学睡眠研究グループによる第1回合同シンポジウムの発表の様子。