概要・目的・これまでの実績

さくらサイエンスプログラムとは

さくらサイエンスプログラムは、新たな時代の社会を担う、世界の優れた人材を日本に短期間招き、日本の最先端な科学技術や文化に触れていただくプログラムです。日本の受入れ機関と、海外の送出し機関が作成した交流計画を幅広く公募し、採択しています。

 

受入れ機関とは

大学、高等専門学校、高等学校、国立研究開発法人、独立行政法人、民間企業、地方公共団体、公益または一般法人等の国内に法人格を有する機関であって、交流計画を申請、実施する機関のことです。
 

送出し機関とは

招へい者を派遣し、受入れ機関と協力して交流計画を企画、実施する機関のことです。
 

招へい者とは

交流計画に参加するために来日する学生、研究者、科学技術にかかわる業務に従事する方々をいいます。
 

さくらサイエンスプログラム概要図

 
さくらサイエンスプログラム概要図
 

さくらサイエンスプログラムの目的

さくらサイエンスプログラムは、産学官の緊密な連携により、日本の青少年と海外の国・地域の青少年との科学技術分野の交流を通して、

  • ①科学技術イノベーションに貢献しうる優秀な人材の養成・確保
  • ②国際的頭脳循環の促進
  • ③日本と海外の教育研究機関間の継続的連携・協力・交流
  • ④科学技術外交にも資する日本と海外の国・地域との友好関係の強化

に貢献し、ひいては、日本及び世界の科学技術・イノベーションの発展に寄与することを目的とします。

 

実績

これまでの招へい実績

これまでの招へい実績
 

さくらサイエンスプログラムの規模(招へい実績と政府予算)

さくらサイエンスプログラムの規模

参加者のアンケート結果

参加者のアンケート結果