活動レポート

2020年度活動レポート(一般公募プログラム)第006号 (オンライン)

中国・浙江中医薬大学とのオンライン交流プログラム

早稲田大学人間科学学術院からの報告

 この度、さくらサイエンスプログラムの支援を受け、2020年12月5日から19日までの間、箇所間協定を結んでいる中国の浙江中医薬大学の学部生・大学院生17名と早稲田大学人間科学学術院の学部生・大学院生39名がオンライン交流を行いました。

 今回のテーマとして、「高齢化社会における健康福祉とICT新興技術の利活用を考える」が設定され、SDGs目標の一つである「すべての人に健康と福祉を」の実現に向けてICT利活用やソーシャルヘルスの観点から我々はどのように関わっていくかを主題として交流が行われました。

 初日の5日にこの交流プログラムについてのガイダンスと両大学の紹介が行われた後、両大学の学生が混じり合ったグループが複数作られ、少人数でのディスカッションを通じて日中の健康福祉やICTの利活用及び各グループでの共同研究調査の課題について意見交換を行いました。

 2日目以降、4回にわたり学生が在籍する研究室の研究成果や自身が行われている研究を紹介したり、共同研究調査の途中経過報告や意見交換を行ったりしました。

 12日には国際的な医療活動に関わってきた経験を持つ医師の松葉剛様から日本におけるコミュニティヘルスやICTを用いたヘルスケアの取り組みについてご紹介いただき、看取りを日常に取り入れるという特色ある高齢者・障碍者介護施設を経営する石井英寿様からは、その活動内容について現場の写真や動画を交えながらご講演いただきました。また、本学教員による特別講義では、浙江中医薬大学の研究者も参加した、伝統医学とビッグヘルスデータによる高齢者の健康管理と生活支援に関する研究プロジェクトの成果が紹介されました。日本の特色ある事例と研究成果に対し、皆さんとても興味深い面持ちで聴講されていたようです。

 最終日の19日は、それぞれのグループがこれまでの意見交換と共同研究調査の結果について発表するオンラインシンポジウムが開催されました。最も素晴らしい研究調査を行ったグループにはBest Research Awardが、最も優れた発表を行ったグループにはBest Presentation Awardが参加者全員の投票によって選ばれました。

 全日程を通じて有意義な意見交換や共同研究調査が行われただけでなく、今後も研究交流を続けていくため、両大学の学生同士で組織される研究会が発足し、共通の関心と興味のある研究テーマについてオンラインを主とする議論やシンポジウム開催等を行っていくことが合意され、更なる発展が期待できることとなりました。

 最後となりますが、このような貴重な機会を与えていただいた科学技術振興機構及び関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。

浙江中医薬大学による大学紹介
両大学の学生同士でのグループディスカッション
各グループが行った共同研究調査結果の発表
オンライン交流に参加する中国の学生とサポートする教職員
pagetop