活動レポート

2019年度活動レポート(一般公募コース)第292号

分子組織細胞化学を基盤とした細胞バイオイメージング技術の習得

宮崎大学医学部からの報告

 宮崎大学医学部では、さくらサイエンスプランの支援により令和元年11月11日から11月20日の日程で、ミャンマー国タウンジー医科大学から教員、研究員の計9名を招へいしました。参加者全員が医学教育に携わっていることから、宮崎大学医学部の医学教育について、また医学部附属病院内の施設にも大変興味を持ってプログラムに参加し、日本とミャンマーの医療について比較し、活発な意見交換が行われました。

 参加者は宮崎大学の池ノ上学長を表敬訪問し、両大学の今後の交流活動展開について話をしました。また、提案申請者の菱川教授によるプログラムの概要ならびに研究室の紹介と研究に関する講義を受講しました。

プログラムリーダー菱川教授による実技指導

 参加者は研究に強く関心を示し、限られたスケジュールの中でマウスを使った組織切片の作成を行い、ヘマトキシリン・エオジン染色、メチルグリーン・ピロニン染色、PAS染色やin situハイブリダイゼーション法等の実験を体験しました。

 また、宮崎大学のバイオイメージングセンターでの実習では、透過型電子顕微鏡 (TEM)と走査電子顕微鏡 (SEM) を用いて生体試料の超微形態構造を観察し、レーザー走査顕微鏡 (LSM) を用いて組織片のタンパク質の発現を検出しました。

バイオイメージングセンターでの実習

 週末には地域文化視察として宮崎県の高千穂町を訪問し、日本の歴史、文化、自然、産業などについて学習しました。高千穂峡では遊歩道沿いの柱状節理の景観や、古事記・日本書紀に記された神話の原点ともいえる高千穂神社、天岩戸神社を参拝し日本古来の伝統を体験しました。

神話の原点ともいえる高千穂神社をバックに

 プログラム期間中に宮崎大学医学部附属病院の救命救急センターを視察し、ドクターヘリ運航による救急医療体制や救急外来のシステムについて講義を受けました。宮崎県の市町村の多くは山間部にあり、重症なケースの患者を救うため、また患者搬送にドクターヘリが活躍しています。ミャンマーは道路事情もまだまだ悪いため救急医療サービスが難しいこともあり、参加者は宮崎県の救急医療システムに感心していました。

救命救急センターのスタッフとドクターヘリ

 最終日にはプログラムを振り返り、参加者が日本で学んだことや今後の展望などについて発表を行いました。発表後に菱川教授からさくらサイエンスプランの修了証書を授与されました。

菱川教授から修了証書を授与

 今回のさくらサイエンスプランが日本とミャンマーとの間に実りある交流をもたらし、2国間の国際協力がさらに発展することを祈念いたします。

pagetop