活動レポート

2019年度活動レポート(一般公募コース)第039号

農学分野におけるタイおよびカンボジアからの学生受入れ研修

名古屋大学からの報告

 さくらサイエンスプランのご支援を賜り、カンボジア王国・王立農業大学およびタイ王国・カセサート大学から学部学生10名と教員2名を招へいし、名古屋大学農学部学生と共に研修するプログラムを実施いたしました。

【1日目】6月8日(土)

 中部国際空港に到着後、名古屋大学へ移動しました。全体ガイダンスの後、学内ツアーを行い、ノーベル賞展示室、名古屋大学博物館などを見学しました。

【2日目】6月9日(日)

 午前に名古屋大学教員による講義を行い、研修4日目からの「グループでの調査・体験研修」の予備知識を得ました。午後は「グループでの調査・体験研修」の計画立案を3大学混成のグループごとに行い、調査項目の打ち合わせを実施しました。

グループ調査の計画立案風景(動物生産コース)
【3日目】6月10日(月)

 名古屋大学農学部の15研究室(植物生理形態学、植物遺伝育種学、作物ストレス制御、植物病理学、耕地情報利用、作物科学、動物統合生理学、動物形態学、動物生産科学、鳥類バイオサイエンス、動物栄養科学、資源昆虫学、生物システム工学、栄養生化学、生物活性分子)に分かれて、研究室実習を体験しました。

研究室実習
【4日目〜6日目】6月11日(火)〜13日(木)

 5コースに分かれて、2泊3日の「グループでの調査・体験研修」を実施しました。各コースの訪問先と研修内容は以下の通りです。

①水田農業コース 愛知県農業総合試験場水田利用研究室、JAあいちなどを訪問し、日本の水田農業の先端技術を学びました。
②園芸コース LEDを活用した洋蘭栽培、植物工場、太陽光などを活用した低炭素施設園芸の現場などを訪問し、最先端の農業技術を視察しました。
③動物生産コース 生産農家(鶏卵・和牛)、飼料会社および食肉処理の現場であると畜場や食肉衛生検査所などを訪問し、家畜生産および衛生管理の先端技術を学びました。
④食品加工コース 八丁味噌やしょう油・みりん・酢をはじめとする愛知県の伝統的な調味料の製造元や、トマト、生乳や魚介類の加工会社を訪問し、日本の農産物・海産物の食品加工技術と流通、六次産業化について学習しました。
⑤水資源利用コース 三河湾における漁業資源管理の現状の調査、豊川流域の水資源管理関連施設の見学、および、農家における水資源管理などの調査を行い、日本の農林水産業における水資源利用の実態と課題を学びました。
【7日目】6月14日(金)

 成果発表会を実施し、「グループでの調査・体験研修」で学んだことをグループごとに英語で発表しました。成果発表会終了後、名古屋大学農学部長から参加学生に修了証書が手渡されました。夜には、名古屋大学総長および教育推進部長にも臨席いただいて懇親送別会を盛大に実施しました。

緊張の成果発表会
【8日目】6月15日(土)

 海外学生と名古屋大学農学部学生が一緒に、名古屋市内の見学へ出かけました。

【9日目】6月16日(日)

 中部国際空港へ移動し、帰国の途につきました。

 日本の先端的な農業や農協組織、先端基礎研究について学んでもらうとともに、3カ国の学生間の交流を深めることができ、実りの多いプログラムとなりました。なお、「グループでの調査・体験研修」の訪問先の皆様には、ご多忙の中、親切に受け入れてくださいましたことに深く感謝いたします。

招へい者集合写真:プログラム修了証書とともに
pagetop