活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第394号

カンボジア工科大学若手研究者との交流・科学技術研修プログラム

日本工営株式会社 技術本部 中央研究所
総合技術開発第2部からの報告

 今般、さくらサイエンスプランのご支援を受けて、2019年10月1日から10月13日の13日間、カンボジア工科大学(ICT: Institute of Cambodia of Technology)から2名の若手研究者を招へいいたしました。

 カンボジア工科大学は、当研究所が技術情報の共有や共同研究の実施を目指してMOUを締結した海外研究機関の一つであり、これまで様々な技術交流を続けて参りました。さくらサイエンスプランを通じての交流も今年で5年目を迎え、今年度は科学技術研修という形での受け入れとなりましたが、協力関係を更に深めることができたと考えております。

中央研究所メンバーと記念撮影

 SITH RATINOさんは、ICTのFaculty of Hydrology and Water Resources Engineeringの教員で、水工学・水文学系の分野を研究テーマにされている若手研究者です。

 滞在期間中は、当研究所の社員とともに様々な活動を行っていただきましたが、特に水文解析技術研修として、弊社で開発した解析ソフト(NKGIAS)や他の市販ソフトを用いて実際のカンボジアの河川データの解析、結果の比較検討を行い、今後、カンボジアでの研究にも適用可能であることを確認されました。

解析の実施

 MUOY YI HENG さんは、ICTのFaculty of Geo-resources and Geotechnical Engineeringの教員で、カンボジアのメコン川護岸崩壊問題や軟弱地盤問題に取り組んでいる若手研究者です。研修期間中は、土の物理試験や三軸圧縮試験などを含む土質試験の実習(日本の基準試験)を行い、さらにメコン川護岸崩壊の原因のひとつであるカンボジア特殊土の分散性を判定するための、クラム試験やダブルハイドロメータ試験を実施しました。日本で研修したことを今後のカンボジアでの研究に役立てていただけることと思います。

土質試験の実施

 研修対象としました弊社の数値解析技術、土質試験技術および研究テーマについて大変興味を持って頂いたので、今後の水工学や地盤工学分野の共同研究や技術連携に期待しているところです。

研修成果発表の様子

 また、今回の研修ではご本人たちの都合により当初予定していた21日間から急遽13日間の期間短縮となりましたが、その短期間の中でも研修内容に関して積極的に取り組んでいただき、当研究所の若手研究者もその真摯な取り組み姿勢に刺激を受けたに違いありません。毎回感じることですが、このような人と人の繋がりがこのプログラムの大きな魅力、そして成果のひとつであると思います。

 末筆ではございますが、このような貴重なプログラムにご支援を下さいました「さくらサイエンスプラン」にお礼を申し上げます。

< SITH RATINOさんの感想文>

 The Sakura Exchange Program has provided me to have short-term training in Japan, which was hosted by Research and Development Center of Nippon Koei Co., Ltd. During the 2 weeks of training, I have gained new experiences in the field of hydrologic modeling. I have been instructed various hydrologic models being applied for current research projects in Nippon Koei. The models include QSWAT, which is embedded in QGIS. In addition, I have had chance to explore a model, namely SHER embedded in NK-GIAS, developed by Nippon Koei. With the very good instruction, I have successfully developed both models for a river catchment in Cambodia to simulate river discharge. Aside from the field of hydrologic model, I have been impressed with the other technical areas together with huge supported facilities including soil, water and chemical laboratories and others. I am looking forward to having a research collaboration between my institution and R&D of Nippon Koei Co., Ltd. Last but not least, I would like to give my profound thanks and appreciation to all NK staffs, particularly Mr. Sreng, Ms. Yoshinari, Mr. Horie, Mr. Nakamura, and others for their great and incredible hospitality during my stay in Nippon Koei.

< MUOY YI HENG さんの感想文>

 I had a mission on the short-term Exchange program for two weeks at Nippon Koei R&D center (NK). Having the chance to join this program, I would like to express my profound thanks to the organizers, JST-Sakura program and all staffs of NK, for their warm hospitalities and great help during my stay in Japan. During training period, I had the chance to conduct some experiments on the physical properties of soil, especially Hydrometer and Crumb tests for determining the dispersive percentage and grad of soil and followed by the density test with moisture content. At the same time, I am also impressed and highly interested in the field of Geophysics for exploration of the groundwater and ground motion control by using electrical and micro-tremor surveys, respectively. Although, two weeks was really short time, I have learned many things about not only science, but also culture including kindness, and working ethics of NK staffs. This program is great in the way to strengthen the network between Institute of Technology of Cambodia and Nippon Koei Co., Ltd. I highly appreciated organizers, Japan Science and Technology agency (JST) and Nippon Koei.

pagetop