活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第352号

デジタルデンティストリに使用される材料の特性評価方法を学ぶ

岡山大学からの報告

 平成31年1月15日~23日までの9日間にインドネシア・ハサヌディン大学の教員3名を大学院医歯薬学総合研究科に受け入れ、交流プログラムを実施しました。本プログラムは、ハサヌディン大学の若手教員を招へいし、歯科材料の表面構造解析や理工学的特性解析に用いられる機器の研修を目的に行われたものです。

 プログラムは9日間という短いものでしたが、歯科材料の理工学的性質の評価方法の研修の他、期間中毎日開催された基礎から臨床に至る先端研究に関する講義シリーズの受講の他、診療室見学など非常に多彩な研修となりました。来日翌日より審美歯科領域に用いられる材料の特性を解析するために、試験試料の作製、表面の構造解析や曲げ特性計測の研修を行いました。

表面構造解析と理工学的性質の研修

 また滞在期間中毎日開催された先端研究に関する講義シリーズを同時期に来学していたブラジル、ベトナム、チリの学生や教員、岡山大学大学院に博士課程の留学生とともに受講しました。

先端研究に関する講義の受講

 週末には、日本文化に触れる機会を設けるために、同時期に来学していたブラジル、ベトナム、チリの学生や教員、岡山大学大学院博士課程に在籍の留学生とともに、歯学部学生と教員の引率の下、岡山の吉備津神社や倉敷にある美観地区と瀬戸大橋を見学し、日本文化に触れました。

吉備津神社参拝

 プログラムの最後には、今回の研修の成果とハサヌディン大学で行われている臨床と研究に関するプレゼンテーションを行い、様々な情報交換がなされました。

 滞在期間中には他国の留学生や歯学部学生との交流機会を通して、岡山での生活環境や研究環境など多くの経験を積むことができたようです。

<招へい者の感想>

  1. #1. Joining Sakura program is an interesting experience for me, because I can feel the atmosphere of being a student in dental school, Okayama University. I can get the opportunity to attend the English lecture, visit the laboratory and dental clinic, learn about the Japanese culture as well as meet many students from other countries. I wish I could be a part of a research collaboration with researchers in Okayama University in the future.
  2. #2. Sakura Program is an interesting program for us to know about Okayama university, Japanese culture and make a relationship to others from another country. I hope that I can be a part as a scientist and researcher in Japan or from my hometown in the future.
  3. #3. First of all, thank you for opportunity to visit Japan facilitated by this program. It strengthen our collaboration not only in research but also in friendship. Secondly, this year we are planning join research collaboration between two countries, and we do hope the process and the result would be good for Japan and our country. I do hope I could come again in Japan for research and sightseeing.
pagetop