活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第334号

中国・北京郵電大学(BUPT)との国際PBL(Project Based Learning)の取り組み

電気通信大学からの報告

 2018年12月4日から9日までの間、さくらサイエンスプランによる招へいで、中国の北京郵電大学(BUPT)とのICT国際プロジェクト教育科目である国際PBL(Project Based Learning)のワークショップを実施しました。

電気通信大学での記念写真

 この国際PBLは、今後のグローバル社会でリーダシップを取れる国際性と実践力に優れた高度人材の育成を目標に、PBL形式で学生主体の国際連携教育を行うものです。今年度は,8月の北京郵電大学での共同授業(8月17日から23日まで)に続き,3つの専門コース(ワイヤレスネットワーク、ロボティク、信号処理)に分かれ、日中混成を構成しプロジェクト課題の成果を競い合いました。

北京郵電大学の先生によるPBL課題紹介

 今回の総括ワークショップでは、BUPTから優秀な学部生19名、教員4名、電気通信大学からも受講生22名、TA3名、教員4名が参加し、大学院レベルのPBL課題に取り組みました。厳しいスケジュールの中、チームワークでなんとか課題を解決することができました。

ロボティク課題の説明

 最後に、各コースで成績優秀により選抜されたグループが代表し、成果発表が行われました。修了及び表彰式と併せ学生交流を図る懇親会にて、成績優秀グループへ表彰状が授与されました。

成果報告会での発表の様子

 帰国前日の12月8日に日本科学未来館の見学が行われ、今回の機会を契機に、大学間での交流活動がさらに活発になることをお互いに期待しています。

修了式にて
pagetop