活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第257号

日中台共同研究による太陽光で稼働するエネルギー変換材料の創出

大阪工業大学からの報告

 2018年12月2日(日)から12月11日(火)までの10日間、「さくらサイエンスプラン」の支援を受け、台湾の台湾科技大学化学工程系大学院生4名ならびに中国の華東理工大学化学・分子工程学院大学院生4名およびスタッフ1名を大阪工業大学に招へいし、国際交流を進展させることができました。

 華東理工大学大学院生は東本 慎也准教授の「無機光エネルギー化学研究室」、台湾科技大学大学院生は村岡 雅弘教授の「超分子研究室」ならびに、村田 理尚准教授の「エネルギー変換物質化学研究室」に所属し、それぞれの研究室の日本人学生とともに、「日中台共同研究による太陽光で稼働するエネルギー変換材料の創出」というテーマで研究実習に取り組みました。以下の3つのテーマについて研究実習を行いました。

  1. ① 銅-インジウム-硫黄系複合硫化物太陽電池の高効率化
  2. ② 芳香族複素環化合物を基本骨格にもつ色素分子の合成と色素増感型太陽電池への応用
  3. ③ 有機薄膜太陽電池の活性層への利用が見込めるn型半導体材料の制御合成法の開発
写真1 合成実験をする様子
写真2 ソーラーシュミレーターを前に太陽電池特性の測定の様子

 学生たちにはそれぞれのテーマが与えられ、非常に刺激を受け、その日の課題や実験内容を話しあい、また、論文を読み理解を深め、試行錯誤しながら熱心に実験をしていました。

 本学での研究の合間には、学外研修・施設見学として、大阪大学を訪問しました。先端科学イノベーションセンター・中村 亮介先生からは、半導体、光物性、および生物物理に関する基礎から最新の研究成果についてお話し頂きました。さらに、同センターの分析機器を見学し、最新のレーザー技術に触れることができました。学生さんから多くの質問があり、大変有意義なディスカッションとなりました。彼らは最新の技術に驚いていました。

写真3 最新のレーザー設備を前に

 研究実習に勤しむだけでなく、リラックスタイムもありました。日本の伝統である茶道を体験し、また、研究室で一緒に実習に取り組んだ工大生が、台湾と中国からの大学院生を奈良、京都そして大阪の街を案内し、3か国学生間の親睦がより一層深まりました。奈良では鹿とふれあい、仁王像が立っている南大門、大仏が建立されている東大寺の見学、京都では清水寺周辺の散策、着物の体験、そして大阪ではたこ焼き、お好み焼きの食文化を体験していました。

 実習最終日には、研究グループごとにプレゼンテーションを行い、研究成果発表を行いました。特に、英語での見事なプレゼンテーションで、参加大学院生のレベルの高さが実感されました。短い期間でしたが、それでも貴重な発見がありました。

 10日間を共に過ごした受け入れた日本人学生にとっても、「英語でのコミュニケーションはいい刺激になった!」とコメントがありました。また、台湾と中国の大学院生からは、「研究実習を通して国際共同研究の重要性、日本の最先端科学技術を体験できてよかった、また日本文化にも触れることができて日本の良さがわかった」、そして何よりも「いつか日本で仕事がしたい!」といった嬉しいメッセージを残して無事帰国しました。

写真4 閉会式で修了証を手渡された招へい者

 最後になりますが、「日中台共同研究による太陽光で稼働するエネルギー変換材料の創出」に向けたプログラムを遂行するにあたり、多大なるご支援を賜りました「さくらサイエンスプラン」に心より感謝申し上げます。

pagetop