活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第235号

バイオマス、廃棄物を活用した持続可能材料に関するグローバルネットワーク推進事業

長岡技術科学大学からの報告

 長岡技術科学大学の物質材料工学専攻と情報・制御工学専攻において、平成30年11月21日−30日の滞在で、チュラロンコン大学(タイ)から6名(教員1名)、マレーシア科学大学(マレーシアから4名(教員1名)を受入れ、セミナー受講や研究実習を実施しました。

写真1 集合写真

 参加者を受入れたそれぞれの研究室では、バイオマス材料、複合材料、エネルギー材料及び情報工学の分野で密な研究交流を行い、研究成果の交流とデーター取得の大変良い機会となりました。本学の修士・博士後期課程の在学生とさくらサイエンスプランの参加学生は、同じ分野での研究内容を議論し、お互いに内容を高めあう交流を行うことができました。

 最終日には各自の成果を研究交流会で発表し、修了証を受取り、無事にプログラムを終えました。

写真2 実験の様子1
写真3 実験の様子2
写真4 研究交流発表会の様子

 休日には日本人学生と新潟市の水族館(写真)や弥彦神社への小旅行を楽しみ、日本文化の涵養に努め、相互の交流を深めました。さくらサイエンスプランにより日本とタイ、マレーシアの交流が進み、また双方の学生諸君のグローバルなセンスを高め、視野を広げる大変良い経験となりました。

写真5 水族館にて

 また、本プログラムは今年度までの3年間の複数年度プログラムでしたが、さくらサイエンスプランでの招へい者受入れにより、本学への留学に興味を持つ学生が増えたこと、大学間の交流に希望が増えたことなど、今後の研究・教育における大学間連携にも期待しております。

pagetop