活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第111号

日韓タイ中・4か国の学生が東京の都市の未来を協働提案

東京都市大学都市生活学部からの報告

 韓国のソウル市立大学、タイのチュラロンコン大学、中国香港の高等教育科技学院の学生総勢34名が東京に集結。東京都市大学の学生とともに国際混成チームを編成して2018年7月31日(到着)~8月9日(帰国)の日程で協働作業を行いました。東京の秋葉原、上野、浅草の3地区を対象に都市の未来を提案しました。

<1.学生の国際混成チームによる都市設計ワークスタジオ>

 課題は「都市の速度を落とす」こと。巨大都市東京は鉄道網が高度に発達し、秋葉原―上野間には上下16本の路線にピーク時には約2分間隔で電車が行き来します。そんな大量輸送の装置を備えた東京の中心部に、あえてトラム(路面電車)を復活し、沿線の街並みと人々の活動を変える「未来の都市づくり」を提案することが、学生たちに与えられた作業課題です。

 4か国の学生たちは、6名ずつ9つの国際混成チームになって、延べ8日間の協働作業を行いました。課題は秋葉原、上野、浅草の3地区に分けられ、それぞれ3チームずつ。どの国も英語ネイティブではありませんが、英語で会話するとともに、技術の共通言語である図を描きながら、各人の意見を伝え合います。日本の学生たちがあらかじめ用意した資料を持って、チーム全員で課題地区の現地を訪れ、それぞれのイメージを持ち帰って、等々力キャンパスのプロジェクトスタジオで討論しました。

写真1 国際混成学生チームのディスカッション

 4か国6名ずつの国際混成チームの学生には、それぞれ得意分野がある。CAD(Computer Aided Design)の操作に卓越した学生、未来の都市の斬新なアイデアを出す学生、空間設計のコンセプト図を上手にまとめ上げる学生、街路樹の修景の専門家、写真のモンタージュが得意な学生などです。提案のストーリーを考え、役割分担で案を作成していきます。そしてほぼ毎日、指導教員を交えて途中経過を発表します。指導教員の側も国際混成でしたので、様々な見解が出され、アイデアが練られていきました。

写真2 等々力キャンパス内プロジェクトスタジオ(毎日行われた国際混成チームごとの中間指導)

 最終日、台風13号が東京に迫る2018年8月8日午後、成果発表会が行われました。大教室に各国の学生と教員約70名が参集し、1チーム20分ずつ、3時間余りに渡って英語での熱心な発表と質疑が続きました。成果品は各チームA1版パネルに美しくまとめられました。

写真3 成果品のパネル

<2.レクチャーと視察>

 滞在中、協働作業だけでなく、各国学生たちの学習の視野を広げるため、レクチャーと視察を行いました。

 レクチャーでは、空間設計に人の動きを組合わせる「群衆流動シミュレーション」のスキルを、キャンパス内プロジェクトスタジオのPCを使ってOJT方式で体験しました。この技術は、東京都市大学都市生活学部では演習授業に採り入れていますが、他大学ではほとんど行われていない特別授業です。

 視察では、まず臨海部の晴海地区を訪れ、東京五輪を前に進められている都市再生プロジェクトの全体像をUR都市機構が保有する1000分の1大模型を前に紹介するとともに、次いで日本の中枢機能が集積するビジネスセンターのひとつ丸の内・大手町地区を訪れ、街で進む最先端の都市再生を徒歩で見学した後、PPP(公共と民間のパートナーシップ)の歴史と仕組みを民間企業の実務者を交えて学習しました。

写真4 東京の都市再生のレクチャー

<3.参加者の感想>

●キム キウクさん(ソウル市立大学学生)

 This program gave me a broader landscape architecture's perspective. And I had feelings about Japan. If I have a chance, I want to do it again. Thank you.

●スウィット ファンスムロンさん(チュラロンコン大学学生)

 Very impressive exchange program. There are so many interesting activities to do. The atmosphere of Tokyo is very nice. Moreover, the foreign student is very nice. I will come back to this program if I get the chance again.

●レン キティンさん(香港高等教育科技学院学生)

 Everything was well arranged in the exchange program. There was comfortable accomendation with convenient location. Time was meaningful with packed and fluent schedule. Also, I appreciate that there was sufficient time for studio work. I gained a great experience in the exchange program. I enjoyed working with students from different countries. We collaborated smoothly and generated great ideas although having different cultural background.

●パビニー インチョムプー講師(チョラロンコン大学教員)

 On behalf of Chulalongkorn University, I would like to take this opportunity to express our gratitude toward the host, TCU colleagues, who organized this workshop, and a special thank to the Sakura fund for providing this opportunity for me and my students. We really are enjoying it, and I think it really provides the students a chance to learn different culture, corroborate with others, and make friends through this program. Thank you very much indeed.

写真5 招へい者の集合写真
pagetop