活動レポート

2018年度活動レポート(一般公募コース)第056号

X線分析に関する日中技術交流

堀場製作所からの報告

<9/2>

 弊社が共同研究を行っている北京市理化分析測試中心の研究員4名が無事に到着しました。

<9/3>

 弊社京都本社へご案内し会社紹介・製品紹介を行った後、弊社の装置で使用しているプリント基板の製造現場を見学頂きました。昼食は、弊社の社員食堂で一緒に食事を取り、シャトルバスで弊社のびわこ工場へご案内し、工場長の西村よりびわこ工場移転へのいきさつや思いなど、施設紹介をしていただいた後、自動車計測システムや赤外線検出器で使用している赤外光源のエージング現場や分析装置の調整現場などを見学し、琵琶湖が一望できるテラスで記念撮影を行いました。空の青さ琵琶湖の美しさ空気の美味しさなど味わっていただきました。

写真1

<9/4>

 台風21号の影響で、前日の夕方より雲行きが怪しくなり、この日は台風21号が関西に上陸したため、JR全線ストップし、会社からも自宅待機の指示が出たため、招聘者の方々もホテルで待機頂きました。

<9/5>

 台風21号も日本海に抜け風は少しあるものの、新幹線は平常運転で日本の新幹線に初めて乗車頂き東京へ移動し、弊社の東京オフィス内にある東京分析技術センターで、昨日実施する予定であったⅩ線関連装置の実習に加え、彼らも使用経験のある粒子計測装置に関しても実習して頂きました。その他にも設置しているラマン分光装置やグロー放電GDS装置なども見学して頂きました。

写真2 X線分析装置実習風景

<9/6>

 日本の分析装置が一堂に展示されるJASIS 2018にお連れし、日本の最新分析装置を視察頂きました。中国で数多くの試料を分析している彼らにとって非常に参考になる装置が多く展示されており、今後の分析業務に役に立つ情報を収集できたと言われていました。また、日中フォーラムにも参加頂き彼らとも交流のある中国講師とも交流を持つことが出来ました。夕方からは、弊社が毎年開催しているバンケットにご招待し、弊社TOPへの紹介も合わせて行いました。又毎年恒例の舞妓さん芸子さんの舞も見て頂き日本の文化に少し触れて頂きました。

写真3 JASIS視察

<9/7-8>

 京都文化や伝統技術などを視察して頂く目的で、外国人が多く訪れる伏見稲荷神社と伏見の酒蔵などを見学頂いた後、日本酒の美味しいお店で会食を行いました。

<9/10>

 午前中に京都市産業技術研究所訪問し、研究所に設置しているICPやレーザーアブレーション装置の見学、迅速快速分析装置の見学などをさせて頂きました。その後、弊社グループ会社の堀場STECを訪問し、マスフローコントロール製造現場とクリンルーム内を見学致しました。午後からは、京都市成長産業創造センターを訪問し施設内を見学させて頂きました。

写真4 京都市産業技術研究所-レーザアブレーション装置見学
写真5 堀場STECのクリンルーム内見学
pagetop