さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成29年度 > 一般公募コース > 第113号

[本文]

活動報告(一般公募コース) 第113号

ダナン工科大学建築学部の学生が、日本の最先端技術に触れる

工学院大学からの報告

 工学院大学では、さくらサイエンスプランの支援を受け、2017年7月27日から8月3日の8日間にわたって、ダナン工科大学(ベトナム)より建築学部の学生10名を招へいし、建築に関する最先端な研究や技術に触れる国際交流プログラムを実施しました。

 本プログラムでは、本学の研究室見学をはじめ、本学学生との交流、キャンパスツアー、科学技術施設見学、都内の様々な建築施設の見学などを実施しました。

<7月27日>
 ダナン工科大学一行は、成田空港に到着し、本学八王子キャンパスに到着しました。  

<7月28日>
 本学八王子キャンパスにて、研究室を訪問しました。はじめに、本学の環境実験室の案内、説明が行われ、その後、構造実験棟にて、構造実験の説明と、振動事件の実演、様々な日本の建築材料の紹介や、コンクリートの強度試験、日本の壁や屋根の紹介が行われました。

写真1
訪問した研究室にて

 学生たちからは、質問も飛び交い、大学の施設を紹介できるいい機会となったと思います。また、本学の学生との交流として、バーベキューを行い、相互の交流を深めました。    

<7月29日>
 日本科学未来館へ見学に行き、最先端の科学に触れることができました。 

写真2
日本科学未来館の前で

<7月31日>
 午前中、新宿キャンパスの研究室見学を行いました。午後からは、清水建設技術研究所見学を行い、日本の建築技術の研究について学びました。

写真3
研究室見学の様子
写真4
研究室見学の様子2

写真5
研究室見学の様子3
写真6
清水建設技術研究所の前で

<8月1日>
 建築倉庫、北斎美術館、国立近現代建築資料館などの見学をし、様々な形で建築と、日本の建物などにも触れることができました。教員や学芸員への質問も積極的に行われ、フィールドワークより深い学びがされたと思います。

写真7
写真8

建築倉庫にて
写真9
国立近現代建築資料館にて

<8月2日>
 本プログラムでの成果の発表が、英語または日本語で一人ずつ行われました。

 本プログラムを通して、招へいしたダナン工科大学の学生の学びはもとより、本学でプログラムを支えた学生たちにも大きな変化があったと思われました。多くの気づきが、招へいしたダナン工科大学の学生にも、本学の学生にもあった期間となりました。

 最後になりましたが、両国の絆の深化に僅かながらでも教育を通して寄与できるチャンスをくださった、さくらサイエンスプランに感謝申し上げます。

平成29年度 活動報告