活動レポート

さくらサイエンス・ハイスクールプログラム 第3号

大学研究室を訪問して先端研究内容を研修
さくらサイエンスプランさくらサイエンス・ハイスクールプログラムの第1グループが大阪大学・立命館大学を訪問

国立研究開発法人科学技術振興機構

 3日目は、2班に分かれて、それぞれ大阪大学吹田キャンパス、立命館大学を訪問しました。大阪大学では歓迎セレモニーのあと、大学の紹介や質疑応答を行い、現在、大阪大学にアジアから留学している学生から、学生生活や留学するためのアドバイスなどを話していただきました。そして午後には、工学研究科などの研究室にて、たんぱく質の研究などについて、担当の教官から話を伺いました。

大阪大学について説明を受ける参加者たち

大阪大学工学研究科にて


大阪大学への訪問を終えて記念撮影

 立命館大学を訪問したグループも、大学の紹介や留学制度について説明を受けたあと、複数の研究室を訪問し、それぞれの研究について説明を受けました。

東京への移動のため、新幹線に乗車。

初めての新幹線でウキウキ。京都から東京まであっという間でした。


 アジアの高校生に、日本の最先端の科学技術を体験していただくことを目的とした、さくらサイエンスプランさくらサイエンス・ハイスクールプログラムは、今年の8月までに、アジア15カ国から合計7グループが来日します。これからの活動はFacebookにて順次、レポートいたしますので、ぜひご期待ください!

pagetop