さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成26年度 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第5号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第5号

海に海洋技術に感動しきり
「さくらサイエンスプラン さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」第2日目

独立行政法人科学技術振興機構(JST)

 来日2日目、「さくらサイエンスプラン さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」の40人の皆さんは、午後から横須賀にある海洋研究開発機構(JAMSTEC)の本部を訪れました。まず海洋科学技術館を見学。日本が誇る有人潜水調査船「しんかい6500」に皆さん圧倒されていました。


さっそく操舵室に入って記念写真を撮るなど、興味しんしんです。

 続いて無人探査機「うらしま」の整備場へ。「動力は何ですか?」「陸ではGPSでその位置が分かりますが、海のなかではどのようにして探査機の位置を確認するのですか?」などなど、さすが優秀な理系高校生だけに的確な質問を次々と浴びせます。


探査機を前に、記念撮影

 また、高圧実験水槽では高圧の実験で潰れてしまった潜水船の船室の3分の1模型に真剣に見入ってました。


高圧実験水槽では高圧実験についての質問も多く出ました。

 そして何よりも高校生たちが歓声をあげたのは横須賀の海です。第一陣は中国の内陸部からきた高校生が多いだけに海を見て、ますますテンションがあがりました。海洋技術を学んで、そして海を間近に見て、とても有意義な2日目となりました。


横須賀の海をバックにテンションがあがります。

平成26年度 活動報告