さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成26年度 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第3号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第3号

筑波宇宙センターで日本の宇宙開発を見学

独立行政法人科学技術振興機構(JST)

 さくらサイエンス・ハイスクールプログラムのもう1つの班の40人の高校生は、7月21日、JAXA筑波宇宙センターの見学に行きました。前日の旅の疲れも見せず、元気いっぱいの様子でバスに乗り込み、筑波までバスの車窓から日本の風景を楽しんでいる生徒もいました。

 JAXA宇宙センターでは、高校生を歓迎する準備をしていたことがよく分かりました。まず日本の宇宙開発の歴史やロケット開発の体制、これまでの打ち上げの実績などの説明を聞きました。

 中国の宇宙開発は、有人ロケットの宇宙活動などで日本より進展している分野もありますが、高校生たちは日本の宇宙開発に興味を示し、熱心に聞いていました。

 ロケットなどの展示館に行くと、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジンや、国際宇宙ステーションの日本実験棟の実物大モデルなどを間近に見て関心を示していました。

 高校生たちは、ロケットの種類によって遠くで聴くエンジン音が違うことに関心を示したり、衛星の断熱材に金色の金属泊を使っているとの説明には、「もう少し詳しく知りたかった」などの感想を漏らしていました。


人工衛星実物見学


ロケットエンジン実物見学

 中国では博物館などでロケットが展示されていることはあるそうですが、今回のような勉強のできるロケット専門の展示場はないとのこと。そのような感想を漏らす生徒もいました。

江戸東京博物館で日本の歴史を学ぶ

 第一陣の高校生は、午前と午後に分かれて、江戸東京博物館を見学しました。江戸時代からの歴史的な展示物に興味を示し、様々な展示物の前で記念撮影をしていました。



中国人高校生のコメント


① 蒋 紫陽(女性/高校1年/四川省在住)
  • 外のH-Ⅱ ロケット実物を目の前で見られて感激しました。
  • 実際の種子島発射場で3キロメートル離れたところ(それより近くは危険で立ち入り禁止)から聞いたロケットの発射音が、ロケットの種類によってそれぞれ変わっていてすごいと思いました。
  • 東京から筑波の宇宙センターまで来る間の高速道路から見た日本の緑化の綺麗さに驚きました。
  • 日本人は礼儀正しいなと感じました。

② 都 宣霖(女性/高校1年/遼寧省大連市在住)
  • ロケットの発射音が種類によって異なることや、音の大きさが違うことを面白く思いました。
  • スペースドームで見た衛星の実物を、最後まで保護している金色の断熱材の役割をする金属箔が興味深かったです(事前の説明で、発射音を聞き通常ではありえない振動や温度変化に耐えられる様に、色々な工夫をしていると説明があった事を受けてのコメント)。この辺の話しを機会があればもっと聞きたいと思いました。
  • 日本人は礼儀正しいと感じました。特に公共の面で。
  • 大学は欧米よりも東京の大学に是非行きたいと思います。

③ 李 雨林(男性/高校2年生/遼寧省大連市在住)
  • ロケットの発射音はすごかった。
  • 中国には博物館の展示の一つとしてロケットを置いている事はあるが、この宇宙センターのようにロケットを勉強出来る様な形で展示しているのは初めてで感動しました。

平成26年度 活動報告