2021年度 活動レポート 第78号:京都大学

2021年度活動レポート(一般公募プログラム)第078号 (オンライン)

インド工科大学ボンベイ校学部生・修士学生への化学最先端研究体験プログラム

京都大学からの報告

 化学研究所とエネルギー理工学研究所では、交流事業の一環としてオンライン交流プログラムを共同実施した。実施期間は2022年1月8日~22日。インド工科大学ボンベイ校から5名の化学系学生を受け入れた。

 8日と15日のTalent-Spotイベントでは、化学研究所・エネルギー理工学究所の教授14名による講義の後、1対1の面接会を行った。15日には、化学研究所教授による反転授業にも参加し、選抜された優秀な学生が18日の吉田キャンパスでの学部生向け授業でオンライン発表した。22日には京都バーチャルツアーとインド工科大学ボンベイ校出身で現在化学研究所に在籍する留学生との交流会を行い、京都大学留学を勧めた。

 これらの活動により、成績優秀と認められた少なくとも3名の学生が国費留学生に応募を予定している。

活動レポート写真1
January 15 Talent-Spot
活動レポート写真2
January 22 Virtual Tour to Kyoto