さくら招へいプログラム申請方法

最新のお知らせ(2024/2/13)

  • 2024年度公募のさくらサイエンスプログラム(さくら招へいプログラムおよびさくらオンラインプログラム)募集要項、交流計画書、交流計画書記入要領、よくあるご質問と回答集(FAQ)等を公開しました。
    さくらオンラインプログラムについてはこちら
  • 2024年度第1回公募は1月25日(木)から申請を受け付けています。
  • ASEAN諸国を対象とした新たな交流事業(海外からの招へいと日本からの派遣を予定)を2024年度中に開始予定です。詳細につきましては、後日、本ホームページでご案内しますので、ご確認ください。
  • 1月30日(火)開催「2024年度事業・公募説明会」で使用した資料と説明動画を公開しました。
  • 2月5日(月)中国の事前届出に関する案内を公開しました。
  • 2月13日(火)Web説明会で頂いた質問と回答を公開しました。

2024年度事業・公募説明会 【さくら招へいプログラム、さくらオンラインプログラム共通】

  • 1月30日にZoomウェビナー形式にて開催した事業・公募説明会の資料、動画です。
内容 資料(確定版) 動画
事業説明
PDF(1.7MB) 1月25日掲載
公募に関する説明
PDF(4.5MB) 1月25日掲載
web受付システムに関する説明
PDF(1.1MB) 1月30日掲載

【さくら招へいプログラム】申請にあたっての注意事項

  • 以下に掲載する情報および掲載された資料をご確認のうえ、ご申請ください。
  • 中国から受け入れる場合は、JSTへの申請の前に送出し機関(中国)が中国科学技術交流中心(中日技術協力センター)に届出を行う必要があります。本届出が行われていない申請は受理できません。受入れ機関(日本)担当者は、送出し機関担当者に下記URLを案内の上、届出時に交付される登録番号について、申請時に「web受付システム」の所定の欄に入力してください。
    ■ 届出に関する案内(中国語): 詳細はこちら PDF(2.5MB)2/5掲載
  • 申請する際には、web受付システムのファイル添付機能により、安保様式1(安全保障貿易管理への対応状況報告書)を提出し、必要に応じて期日までに安保様式2(安全保障貿易管理の体制を構築することの誓約書)を提出してください。さらに、共同研究活動コース(Bコース)の場合は、共同研究の詳細な内容を交流計画書に記載してください。
  • 上記の安保様式における実施責任者氏名欄には、申請機関としても了解の上、提出していることを確認するため、交流計画書における「実施主担当者」ではなく、「実施責任者(契約権限を有する方)」氏名で提出してください。なお、「実施責任者(契約権限を有する方)」が安全保障貿易管理に関する責任者と異なる場合は、「安全保障貿易管理に関する責任者」氏名で提出してください。
  • 本事業では、経済産業省が大量破壊兵器等の開発等への関与が懸念される企業・組織を掲載し公表している外国ユーザーリスト
    https://www.meti.go.jp/policy/anpo/law05.html#user-list)に掲載されている組織は対象外となります。

1. 公募期間・スケジュール 【さくら招へいプログラム、さくらオンラインプログラム共通】

  • 2024年度の公募期間は、2024年1⽉25日(木)~9⽉9⽇(月)とし、次のように3回に分けて公募を⾏います。申請する交流計画は以下に記載した「実施時期」の期間内に設定してください。
  受付開始 締切 結果通知 実施時期 中国科学技術交流中心
(中日技術協力センター)
への届出〆切
第1回 1月25日(木) 2月22日(木) 4月中旬 5月下旬以降~2025年3月14日 届出案内の公開日~
各回締切日
第2回 2月23日(金) 5月16日(木) 7月中旬 8月下旬以降~2025年3月14日
第3回 5月17日(金) 9月9日(月) 11月上旬 12月中旬以降~2025年3月14日

2. 【さくら招へいプログラム】申請⼿順

以下に掲載する募集要項等を確認のうえ、以下の「web受付システム 仮申請用URL」から交流計画の申請を行ってください。

■ web受付システム 仮申請用URL:https://ssp-web.jst.go.jp/ssp/TemApp

3. 【さくら招へいプログラム】募集要項・申請様式

資料・様式名 ファイル
(招へい・オンライン共通資料)
2024年度における募集条件等の変更について
募集要項
(募集要項別表)各国航空券の上限額・交流実績
PDF(88.8KB)1/18掲載
よくあるご質問と回答集(FAQ)
(招へい・オンライン共通資料)募集枠組みの概要
交流計画書記入要領
Application Guidelines (Sakura Invitation Program)
※英語版の概要資料です。必要に応じてご使用ください。
交流計画書
(募集要項別紙)安保様式1、安保様式2
海外の機関名リスト

※交流計画書作成時の注意事項:

  • 申請受付は「web受付システム」にて行いますが、「web受付システム」は交流計画書のExcelファイルの入力内容を読込む機能を実装していますので、「web受付システム」のご案内を待たずに、すでに本ホームページで公開しております交流計画書のExcelファイルを利用して、「web受付システム」での交流計画書の読込み準備を進めていただくことも可能です。
  • 交流計画書作成においては最新版のOSおよびExcelではない場合、正しく機能しないことがあるため、最新版のOSおよびExcelの使用を推奨します。

4. 参考情報

さくらサイエンスプログラムでは、以下のようにホームページやFacebook、YouTubeを通じて最新情報を発信しています。ホームページに掲載の『活動レポート』では、過去に採択した交流計画に関し、受⼊れ機関や招へい国、招へい者所属機関の属性(⼤学・⾼校・⾼専など)、コース名を⼊⼒することで簡単に過去の報告を検索できます。コースの選定含め、交流計画を策定する際の参考として、ぜひご覧ください。各URLは以下の通りです。