さくら招へいプログラム申請方法

最新のお知らせ(2022/5/17)

  • 5月17日(火)から2022年度第3回公募の申請受付を開始しました。
  • さくら招へいプログラムの交流計画書について印刷設定を修正したver.2203を公開しました。
  • 申請時の不備が大変多くなっていますので、​申請する際には以下の「申請にあたっての注意事項」の赤字部分に十分にご注意ください。ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

2022年度事業・公募説明会 【さくら招へいプログラム、さくらオンラインプログラム共通】

  • 新型コロナウイルス感染症拡大に配慮し、Zoomウェビナー形式による事業・公募説明会を 2022年1月19日(水)14:00~15:30 に開催いたしました。多数の方々にご参加頂き、誠にありがとうございました。
内容 説明会資料 動画
挨拶
事業説明 PDF(1.9MB)
公募に関する説明 PDF(4.5MB)
質疑応答
web受付システムに関する説明 PDF(3.5MB)
全体質疑応答

【さくら招へいプログラム】申請にあたっての注意事項

  • 以下に掲載する情報および掲載された資料をご確認のうえ、ご申請ください。
  • 3/24【代替オンラインについて】  申請時に交流計画書 5)実施内容シートにおける「目的、趣旨 (1)交流計画の目的、趣旨」欄の末尾に
    「招へいが実施できない場合には、代替オンライン交流を年度内に実施します。」の一文を必ず明記して申請してください。
  • 3/24【安全保障貿易管理への対応状況報告書(様式1)・誓約書  (様式2) の記載内容について】
    安保様式における実施責任者氏名欄には、申請機関としても了解の上、提出していることを確認するため、交流計画書における「実施主担当者」ではなく、「実施責任者(契約権限を有する方)」氏名で提出してください。
    なお、「実施責任者(契約権限を有する方)」が安全保障貿易管理に関する責任者と異なる場合は、「安全保障貿易管理に関する責任者」氏名で提出してください。
    また、様式2の要否、提出日ほか記入漏れがないかを確認してください。(様式2が提出不要の際は、全項目未記入で提出してください。)
  • 中国から受け入れる場合は、JSTへの申請の前に送出し機関(中国)が中国科技部中日技術協力センターに届出を行う必要があります。受入れ機関(日本)担当者は、送出し機関担当者に下記URLを案内の上、届出時に交付される登録番号について、申請時に「web受付システム」の所定の欄に入力してください。
    ■ 届出に関する案内(中国語):http://www.sino-jp.com/news-14-549.html 1/24更新
  • 申請する際には、web受付システムのファイル添付機能により、安保様式1(安全保障貿易管理への対応状況報告書)を提出し、必要に応じて期日までに安保様式2(安全保障貿易管理の体制を構築することの誓約書)を提出してください。さらに、共同研究活動コース(Bコース)の場合は、共同研究の詳細な内容を交流計画書に記載してください。特に経済産業省が大量破壊兵器等の開発等への関与が懸念される企業・組織を掲載し公表している外国ユーザーリスト(https://www.meti.go.jp/policy/anpo/law05.html#user-list)に掲載されている組織と共同研究活動コース(Bコース)を実施する場合には、申請時に共同研究の内容をできる限り具体的に交流計画に記載下さい。

1.公募期間・スケジュール
【さくら招へいプログラム、さくらオンラインプログラム共通】

  • 2022年度の公募期間は、2022年1⽉24日(月)〜11⽉4⽇(金)とし、次のように4回に分けて公募を⾏います。申請する交流計画は以下に記載した「実施時期」の期間内に設定してください。
  受付開始 受付締切 結果通知 実施時期 中国科技部中⽇技術協⼒センターへの届出〆切
第1回 1月24日(月) 2月28日(月) 4月中旬 5月下旬以降
~2023年3月15日
1月24日(月)
~2月28日(月)
第2回 3月1日(火) 5月16日(月) 7月上旬 8月中旬以降
~2023年3月15日
3月1日(火)
~5月16日(月)
第3回
5月17日(火) 8月31日(水) 10月中旬 11月下旬以降
~2023年3月15日
5月17日(火)
~8月31日(水)
第4回
9月1日(木) 11月4日(金) 12月中旬 2023年1月下旬以降 ~2023年3月15日 9月1日(木)
~11月4日(金)

第3回、第4回公募は予算および採択状況により、採択数を調整せざるを得ない可能性があります。

2.【さくら招へいプログラム】申請⼿順

以下に掲載する募集要項等を熟読のうえ、以下の「web受付システム 仮申請用URL」から交流計画の申請を行ってください。

■web受付システム 仮申請用URL:https://ssp-web.jst.go.jp/ssp/TemApp 1/24更新

3.【さくら招へいプログラム】募集要項・申請様式

資料・様式名 ファイル
(招へい・オンライン共通資料)
2022年度における募集条件等の変更について
募集要項
募集要項新旧対照表
(募集要項別表)各国・地域の航空券費の上限額
PDF(99.3KB)1/12掲載
よくあるご質問と回答集(FAQ)
(招へい・オンライン共通資料)募集枠組みの概要
交流計画書記入要領
Application Guidelines (Sakura Invitation Program)
※英語版の概要資料です。必要に応じてご使用ください。
交流計画書
(募集要項別紙)安保様式1、安保様式2
海外の機関名リスト

※交流計画書作成時の注意事項:

  • 申請受付は「web受付システム」にて行いますが、「web受付システム」は交流計画書のExcelファイルの入力内容を読込む機能を実装していますので、「web受付システム」のご案内を待たずに、すでに本ホームページで公開しております交流計画書のExcelファイルを利用して、「web受付システム」での交流計画書の読込み準備を進めていただくことも可能です。
  • 交流計画書作成における推奨環境は以下の通りです。
    Windowsの場合:Windows10以上、Excel2010以上
    Macの場合:Mac10.13.6以上、Excel12.3.6以上

参考情報

さくらサイエンスプログラムでは、以下のようにホームページやFacebook、YouTubeを通じて最新情報を発信しています。ホームページに掲載の『活動レポート』では、過去に採択した交流計画に関し、受⼊れ機関や招へい国、招へい者所属機関の属性(⼤学・⾼校・⾼専など)、コース名を⼊⼒することで簡単に過去の報告を検索できます。コースの選定を含め、交流計画を策定する際の参考として、ぜひご覧ください。各URLは以下の通りです。