オンライン交流について

さくらオンラインプログラムに関するお知らせ(2022/1/12)

  • 2022年度公募のさくらオンラインプログラムの募集要項、交流計画書、交流計画書記入要領、よくあるご質問と回答集(FAQ)等を公開しました。

【さくらオンラインプログラム】申請にあたっての注意事項

  • 以下に掲載する情報および掲載された資料をご確認のうえ、ご申請ください。
  • 中国からオンライン交流に参加する場合は、JSTへの申請の前に参加機関(中国)が中国科技部中日技術協力センターに届出を行う必要があります。実施機関(日本)担当者は、参加機関担当者に下記URLを案内の上、届出時に交付される登録番号について、申請時に「交流計画書」の所定の欄に入力してください。
    ■ 届出に関する案内(中国語):URLは1/24公開予定。
  • 申請する際には、申請メールにファイル添付することにより、安保様式1(安全保障貿易管理への対応状況報告書)を提出し、必要に応じて期日までに安保様式2(安全保障貿易管理の体制を構築することの誓約書)を提出してください。

1.公募期間・スケジュール
【さくら招へいプログラム、さくらオンラインプログラム共通】

  • 2022年度の公募期間は、2022年1⽉24日(月)〜11⽉4⽇(金)とし、次のように4回に分けて公募を⾏います。申請する交流計画は以下に記載した「実施時期」の期間内に設定してください。
受付開始 受付締切 結果通知 実施時期 中国科技部中⽇技術協⼒センターへの届出〆切
第1回 1月24日(月) 2月28日(月) 4月中旬 5月下旬以降
~2023年3月15日
1月24日(月)
~2月28日(月)
第2回 3月1日(火) 5月16日(月) 7月上旬 8月中旬以降
~2023年3月15日
3月1日(火)
~5月16日(月)
第3回
5月17日(火) 8月31日(水) 10月中旬 11月下旬以降
~2023年3月15日
5月17日(火)
~8月31日(水)
第4回
9月1日(木) 11月4日(金) 12月中旬 2023年1月下旬以降 ~2023年3月15日 9月1日(木)
~11月4日(金)
第3回、第4回公募は予算および採択状況により、採択数を調整せざるを得ない可能性があります。

2.【さくらオンラインプログラム】申請⼿順

 申請は実施機関が行って下さい。以下から「オンライン交流計画書様式」をダウンロードして、必要な事項を記入し、メールに添付して、申請受付メールアドレスに1件ごとに申請して下さい(招へいプログラムで案内しているweb受付システムは利用できません)。

■申請受付メールアドレス

■申請メールのタイトルは以下として下さい

「2022年度第○回公募さくらオンラインプログラム申請(実施機関名)」

   例:2022年度第○回公募さくらオンラインプログラム申請(○○大学)

※さくらオンラインプログラム申請時の注意事項:

 申請いただいた後、JSTから申請者宛に申請受領完了メールを発信します。申請後2、3日以内に申請受領完了メールが届かない場合は、大変お手数ですが、お問い合わせください。特にフリーメールで申請メールを送信される場合、JST側のセキュリティシステムにより、メールを受領できないことがありますのでご注意下さい。

3.【さくらオンラインプログラム】募集要項・申請様式

資料・様式名 ファイル
(招へい・オンライン共通資料)
2022年度における募集条件等の変更について
PDF(260.8KB)1/12掲載
募集要項 PDF(626.7KB)1/12掲載
募集要項新旧対照表 PDF(489.1KB)1/12掲載
よくあるご質問と回答集(FAQ) PDF(290.0KB)1/12掲載
(招へい・オンライン共通資料)募集枠組みの概要 PDF(148.9KB)1/12掲載
オンライン交流計画書記入要領 PDF(292.6KB)1/12掲載
Application Guidelines (Sakura Online Program)
※英語版の概要資料です。必要に応じてご使用ください。
PDF(103.3KB)1/12掲載
オンライン交流計画書 EXCEL(121.1KB)1/12掲載
(募集要項別紙)安保様式1、安保様式2 EXCEL(26.0KB)1/12掲載
海外の機関名リスト EXCEL(257.2KB)1/12掲載
※オンライン交流計画書作成時の注意事項:
  • 提出前にオンライン交流計画書の記載に不備がないか⼗分に確認してください。記載に不備があるオンライン交流計画書は受理することができません。
  • オンライン交流計画書の中にある実施機関名と参加機関名は、必ず正式名称を⼊⼒してください。特に参加機関名は本HPにて公開している「海外の機関名リスト」を参考に入力してください。
  • 交流計画書作成における推奨環境は以下の通りです。
    Windowsの場合:Windows10以上、Excel2010以上
    Macの場合:Mac10.13.6以上、Excel12.3.6以上
pagetop