ベトナムにおける新型コロナウイルスに関する報告

ベトナムにおける新型コロナウイルスに関する報告

2020年4月23日

1.ベトナムにおける新型コロナウイルス感染症の感染状況

 2019年から2020年にかけて流行している新型コロナウイルスが最初にベトナムで確認されたのは2020年1月23日。その3月後の4月23日までに268人が感染したと判明しています。その内の224人が回復し、死者は出ていません。17400件以上の検査が行われました。ハノイは最も感染が拡大している都市で、112人の感染が確認され、その内の81人が完治しています。ベトナムにおける新型コロナウイルスの感染状況は2つの段階に分けることができます。

 まず、1月23日に、最初の2人が新型コロナウイルスに感染したと判明しました。その2人とは、ベトナムに住む息子を訪れ、武漢からハノイへやって来た中国人の男性と、その父親から感染したと思われる息子です。その1週間後、保健省は新たに3人の感染を確認。3人は武漢から帰国したベトナム人でした。第1波の最中にベトナムでは合計16人の感染が判明しました。2月25日、16人目の患者が、陰性の結果を受けて退院。一時的にベトナムでのコロナウイルスの流行が終息しました。しかし、外出制限の措置は、政府が新たな発表をするまでは続けられることになりました。

 3月6日の夜、ハノイは緊急会見を開き、第2波として新たな感染が首都で確認されたと発表。患者は26歳の女性で、感染症が集団発生しているヨーロッパを旅行していました。現在までに252人の感染が報告されています。4月17日から現在までに新たな感染は確認されていません。

新型コロナウイルスの感染を抑制するために政府がとった対策

 ベトナム政府は新型コロナウイルスの感染をよくコントロールしてきています。それは次に挙げるような、効果的にパンデミックに対抗するための広範囲に及ぶ対策を同時に行ってきたからです。

新型コロナウイルスのパンデミックから得た教訓
新型コロナウイルスは私の生活や仕事に影響を及ぼしています

写真によるイメージ

社会的距離拡大戦略の様子
公共の場でのマスクの着用

寄稿者:Nguyen Thi Hoa(ベトナム ハノイ)

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、下記の英語原文をご参照ください。

Report about Sars-Cov-2 in VietNam
pagetop