パキスタンにおけるCOVID-19症例概要

パキスタンにおけるCOVID-19症例概要

 パキスタンでは、2020年2月26日に最初の2症例が報告され、2020年3月20日に最初の死亡例が報告された。パンジャブ州では2,594件の感染確定症例が確認され大きな打撃を受けた。現在(4月13日午前9時)の病勢概要を以下に記す。

感染確定症例合計 5,374 https://covid.gov.pk/
治癒 1,095
重症 44
死亡 93
ロックダウン状況下の首都カラチの様子
感染拡大制御に向け政府が行った措置:

 パキスタン政府は、ウイルス拡散を抑制するための措置を講じている。

政府による食料支給を待つ人々の列
パンデミックから学んだ教訓:

 パキスタンは過去に多くの災害に見舞われてきた。しかし、これらの国家緊急事態に対し国民は常に犠牲者に対して非常に寛大で見事であった。国民は、ウイルスの感染拡散を封じ込めるには社会的距離を保つことが重要であることを学んだ。それゆえ、「お家にいよう、無事でいてね」があいことばとなっている。公的医療システムの年間予算を強化する必要がある。感染予防に対する国民の意識を高めることが、パンデミックに打ち勝つ鍵となる。

パンデミックが日常生活にどのような影響を与えたか:

 生活のあらゆる行動がこのパンデミックによって悪影響を受けている。私の大学もロックダウン状況に直面しているが、オンライン授業を通じて学術活動を進めている。社会的距離を保つという今回のような経験することは不便ではあるが、現状では避けられないことである。私の行動は、食料品や生活必需品を近所の空いている店舗へ買い物へ行くに限られている。定期的な運動と、 多くの水分補給を心がけている。健康的な食事とオンラインまたはモバイルによる社会的接触を維持することは、このパンデミックに向き合うためには有効である。私は一日も早く世界が再びその歩みを取り戻すことを待ち望んでる!

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、下記の英語原文をご参照ください。

A brief report of COVID-19 situation in Pakistan

pagetop