マレーシアの新型コロナウィルスの状況

マレーシアの新型コロナウィルスの状況

 マレーシアでは早くも1月より新型コロナウィルスパンデミックの影響を受けています。最初の新型コロナウィルスの症例は、中国湖北省で新型コロナウィルス発生後、シンガポールを経由して渡航してきた中国からの旅行者で、1月25日に検出されました。3月までは個々の症例数のみで、大きな感染者数の増加は見られなかったものの、セランゴール州スリ・ペタリンでの宗教集会によって初のクラスター感染が発生。集会には、マレーシア全土から約16000人の参加者のほか、近隣諸国であるブルネイやインドネシアからも多数の参加者が参加しました。数週間のうちに、マレーシアは東南アジアで最も多くの新型コロナウィルス感染者数を記録し、3月初めの30人未満から3月末までには2,000人を突破しました。3月16日には、国内のすべての州と連邦地域にて新型コロナウィルスの感染が報告されています。

 現時点(2020年4月19日)でのマレーシアの新型コロナウィルス総症例数は5,389名。マレーシアでは現在も治療を受けている患者は合計2,103名。合計46名が集中治療室に残っており、そのうち26名が人工呼吸器を必要としています。マレーシアでは、日曜日に報告された新たに退院した患者95名を含め、合計3,197名の患者が新型コロナウィルスから完全に回復しています。

移動規制令

 2020年3月16日、数週間前に新たに任命された首相は、2020年3月18日の午前12時から全国において「移動規制令(Movement Control Order (MCO))」を発令することを発表しました。このMCOは、マレーシアの全ての人々が緊急時以外は家に留まり、食品や医薬品など生活必需品を手に入れるため以外に外出することを許さず、常にソーシャルディスタンスを保つことで、新型コロナウィルスの蔓延を緩和することを目的としています。またすべての教育機関も2020年3月31日まで閉鎖されています。しかし、今回の発表から、多くのマレーシア人が買い占めなどを行っていることから、ウイルスの緩和以外にも別の懸念が生じています。また、空港、バス、地下鉄などの公共交通機関は、家族に会うため帰省する人でとても混雑しています。

 3月25日には、1日あたりの新規患者数が高水準で推移していることから、MCOをさらに2週間延長して4月14日までとしました。世界保健機関(WHO)の予測では、マレーシアでの患者数は4月中旬にピークを迎えるとみられ、4月下旬から5月にかけて更に隔離を延長することが検討されており、4月10日にはMCOを4月28日まで延長することが発表されました。

「プリハティン」パッケージ

 新型コロナウィルスがマレーシアの経済と国民の社会福祉に大きな影響を与えているため、マレーシア政府は、この国難の時期を乗り切るために国民と企業を支援するための一連の措置を発表してきました。2020年3月27日(金)、首相はマレーシアのために2500億リンギットに相当する「PRIHATIN Rakyat Economic Stimulus Package」を発表しました。この景気刺激策は、2008年の世界金融危機の際に導入された国内総生産(GDP)の8%(670億リンギット)に比べ、今回の額は国内総生産(GDP)の17%に相当します。政策立案者は、この刺激策は2020年にGDPの1.5%を増加させると予測しています。プリハティンには、中小企業(SME)を含むビジネスを支援するための1,000億リンギットのイニシアティブも含まれています。関係者からのフィードバックを受けて、政府はさらに、2020年4月6日にプリハティンSME+(以下、プリハティンSME+)策も発表しました。

生活への影響

 MCOが発表されてからは、家族と一緒に在宅で仕事をすることが当たり前になりました。私たち大学の研究者は、在宅勤務の成果を学科長や学部長に報告しなければなりません。基本的には、論文発表数、論文提出数、助成金申請数、会議出席数などを報告しなければなりません。ほぼ数日に一度、Zoom、Webex、Google、Meet、Skypeなどの様々なプラットフォームを利用してオンライン会議を行います。在宅勤務には長所と短所があります。主な利点は、あなた自身の家の快適さで作業することができます。しかし、特に子供がいる場合は、他のことをするだけでなく、家族を楽しませるための課題などが多いです。また、講師や教員がオンラインで授業を行ったり、課題を出したりすることもあります。しかし、誰もが高速インターネットがある環境にいるわけではないので、すべての人に公平ではないという保護者や学生からの苦情もありました。学生の中には、しばしば悪いインターネット環境のせいで、オンライン講義を開くことが困難な学生もいました。このような懸念から、マレーシア・プトラ大学では現在、オンライン授業を開催することを禁止しています。学期が遅れたり、延期されたりするにつれ、学生は、自分で勉強したり、オンライン上にアップロードされているビデオで学ぶ必要があります。

 ここで、私は1つのポイントについて話したいと思います。それが、ロックダウンは人々に異なる影響を与えるということです。ある人は収入源を失い、ある人は長い「休暇」を楽しみ、ある人は精神衛生上の疾患を発症することがあります。自粛生活は、人々の精神的健康に深刻な悪影響を及ぼし始めています。誰もがこの自粛生活に前向きに対応できるわけではありません。このため、政府はマレーシア人が新型コロナウィルスの影響で精神的に参ってしまった場合に備えて、ヘルプラインを発行しています。それにもかかわらず、TikTokやInstagram、Facebookなどのソーシャルメディアでは、多くのクリエイティブな取り組みも見られます。新しいレシピを試し、新しいダンスだけでなく、オンライン上で立ち上げたグループフィットネスもたくさんあります。みんな頑張っています。努力と犠牲を払ってくれた最前線の人たちに感謝しています。家にいて新型コロナウィルスの拡散を防ぐ役割を果たしてくれたマレーシアの皆さん、ありがとうございました。私たちのモットーは#kitajagakitaで、お互いを大切にするという意味です。(新型コロナウィルスも)もうすぐ終わるでしょう。

Nik Mohd Faiz Nik Mohd Azmi

医療従事者と国民が思いを1つに
自宅から10キロ以上離れることが出来ない

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、下記の英語原文をご参照ください。

COVID-19 in Malaysia
pagetop