カンボジアにおけるCOVID-19についての概略

カンボジアにおけるCOVID-19についての概略

Bunna Chea 理学修士、獣医学博士
カンボジア王立農業大学獣医学部講師
(カンボジア・プノンペン)

COVID-19という名称でも知られる新しい感染症は、SARS-CoV-2というコロナウイルスが原因で引き起こされるもので、カンボジアを含む世界各国に多くの難題をもたらしました。カンボジアではCOVID-19は急速に拡大し、2021年9月10日までの累計感染者数は98,842人、死者数は2,028人となっています。9月10日には658人が新規感染し、499人が回復したと報告され、9人が亡くなりました。カンボジアではアルファ株、ベータ株、デルタ株といった変異種も見つかっています。最近ではデルタ株が国中で広まっていると報道されています。最大の問題は医療機関の不足です。このパンデミックに打ち勝つため、政府は国家レベルから地方自治体レベルに至るまで、ロックダウンや規制の実施、ワクチンの促進など新しいコロナウイルスを予防・制御するための施策に懸命に取り組んでいます。

カンボジアでは特定の場所や地区を陽性者・感染者の数に応じて3つのレベルに分類し、ロックダウンを実施しています。国中で学校が閉鎖され、教育や学習が困難になり、学校にとっても学生にとっても大変な問題となっています。都市部に住む学生はオンライン授業を受け始めました。しかし、地方に住む学生には課題や教材が手渡されるだけで、中にはそれすらもまったく受け取れない人もいる可能性があります。行政や民間企業で働く人々が職場に行くのも制限され、ワクチン接種カードを提示した後のみ、職場での勤務が許可されました。ロックダウンの最中、カンボジア政府は年齢に関わらずすべての感染者に隔離と治療にかかる費用を支払っています。NGOや民間企業といった慈善団体ならびに特権階級や富裕層の人々は寛大にもパンデミックの被害を被った人に金銭や物品の寄付を行っていました。慈善団体が提供した物品の中にはマスクやアルコールジェルなどの予防グッズや食品も含まれています。

保健省は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やコルチコステロイド、抗生物質などの薬を自宅療養または病院での治療のどちらでも使えるように承認しました。パラセタモールは解熱・痛み止めの薬として承認され、デキタメタゾンやプレドニゾン、ヒドロコルチゾンは重症の場合に使用されています。また広域スペクトラム抗生物質も認められています。伝統薬でCOVID-19の治療に使用できると政府に認められたものはまだありません。

ホテル、レストラン、バー、リゾート、スポーツ施設、市場、アルコールの販売、その他公衆の集まる場に対しては営業に規制がかけられています。国内でのCOVID-19の感染拡大を防ぐために、政府が定めたルールや規制に従わなかった人には罰金が課されました。マスクをしなかった人は50~250米ドルが罰金として支払わなければなりません。流行のピーク時には承認を得ていない旅行や集会、その他未承認の営業なども処罰の対象でした。その場合、罰金として600~1250米ドルが課されました。

カンボジアではCOVID-19に対するワクチンプログラムが実施されています。使用しているワクチンはシノファーム、シノバック、アストラゼネカ(インドのコビシールド、日本やイギリスで製造されたものも含む)およびヤンセン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)です。すべてのワクチンは18歳以上の国民に対して公に使用されています。ワクチンキャンペーンを精力的に行ったおかげで、目標としていた人数のワクチン接種がほぼ完了しました。2021年8月からワクチンプログラムの対象は12~18歳の若者が対象になっています。2021年2月10日から9月11日の間に対象人口1,600万人の内のワクチン接種率は71.44%に到達しました。18歳以上の人口1,000万人の内の接種率は97.23%、12~18歳の人口200万人の接種率は86.77%となっています。 様々な組織の支援や政府からの寄付のおかげで、国民全員にワクチンが無償で提供されています。最近、デルタ株の感染が国中で広まっているため、政府はすべての医療従事者やCOVID-19の感染予防と制御を担当している職員、省庁または州に勤める職員に対し、ブースター接種を行うことを決定しました。これらの人々は基本的には、以前にシノバック、シノファームまたはアストラゼネカのワクチンを接種しています。

現在、政府は感染の疑いのある人の診断に迅速抗原検査キットとPCR検査の両方の使用を導入しています。迅速抗原検査キットは保健所および民間の医療機関の両方で利用可能です。保健所またはスクリーン検査会場では、迅速検査キットを使った検査は無料となっています。しかし、民間の医療機関で診断を受ける場合や自宅で検査を受ける場合には、検査キットに対してお金を支払わなければなりません。また、海外渡航をする時など、COVID-19の検査を証明する文書が必要でPCR検査を受ける場合も有料です。しかし、結果が陽性であれ陰性であれ、迅速抗原検査を受けて感染が疑われると言われた人人ならびに感染者との接触歴があって保健所またはスクリーン検査会場で医療従事者の診察を受けた人は、無料でPCR検査を受けられます。

私はパンデミックから得られる教訓というのは、現在ある資源や能力を使って、他者と協力して解決策を見つけ、問題を乗り越えるべきだということだと考えています。新しい生活スタイルが取り入れられていっています。残念なことに、農業や畜産業、工業やその他の様々な業界で経済的危機が起こっています。その結果として個人や組織に悪影響が出る可能性があります。社会の伝統ある祝いの実施や人と人の関係の構築も大変なものになっています。あらゆる年代の人々への心理的影響も大きな問題です。私は、カンボジア政府はCOVID-19の影響を減らすために、感染拡大の予防や現状の制御など、大いに尽力していると思っています。

写真1:Bunna Chea博士とChinda Wann氏が狂犬病プロジェクトの一環としてカンダル州サング郡の職員に教材を使って狂犬病について説明している様子。会話中はマスクを着け、ソーシャルディスタンスを保っている。
2021年8月11日。
写真2:両親から衛生を保つためにマスクを着けることを教わった後、
カンボジア王立農業大学の文字を指さしている少女。

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、英語原文をご参照ください。(原文はこちら

pagetop