ブータンにおける新型コロナウイルスのパンデミック

ブータンにおける新型コロナウイルスのパンデミック

背景

 ヒマラヤ山麓に位置するブータンは、北は中国に隣接し、国土の大部分をインドのアッサム州、西ベンガル州、アルナーチャル・プラデーシュ州に挟まれている。2020年3月6日、インド経由で3月2日にパロ国際空港に到着した米国からの76歳の男性観光客から初の症例を確認した。3月20日には、この観光客の59歳の女性パートナーが最初の接触から28日後に陽性反応を示した。3、4、5例目は、様々な感染国から帰国したブータンの学生で、それぞれ3月25日、3月29日、4月1日に陽性反応が出た。現在、ブータンでは新型コロナウイルス感染者が5例確認されており、そのうち2人は外国人観光客で既に回復し、残りはブータン国民である。

ブータンは新型コロナウイルスパンデミックにどう立ち向かうか

 最初の症例が確認された直後、ブータンは直ちに外国人観光客の入国を2週間制限し、首都ティンプーを含む3地域の学校が閉鎖された。国家準備・対応計画および実施手順に従い、すべてのフォローアップ活動が直ちに開始された。国王陛下は、保健省からのチームが夜通し活動する中で、対応戦略の実施を自ら監督した。

手指消毒薬の配布

 感染国からブータンへのビジネスマンや学生の避難が続いているため、ロテ・ツェリン首相は、感染のリスクを最小限に抑えるため、通達が出るまでの間、学校や大学の更なる閉鎖を発表した。新型コロナウイルスの潜伏期間が不規則であることから、首相は入国するすべての国民に対して、検疫期間を14日間(WHO推奨)から21日間に延長すると発表した。しかしながら、帰国者には厳重な監視下での自宅隔離も認められた。

 隣国インドでの新型コロナウイルス感染症例が増加していることから、アッサム州と西ベンガル州と国境を接する南部地区では、セキュリティと予防対策が強化されている。公式、非公式の国境通過点の24時間監視や、戸別訪問による新型コロナウイルス啓発・予防キャンペーンなどが行われている。現在のところ封鎖措置は取られていないが、集会やナイトクラブ、その他の娯楽は制限されている。つい最近では、首相はすべての商店やスーパーに対し午後7時以降は閉店するよう指示を行った。

 その他の措置としては、手洗い設備の設置、手指消毒剤の配布、国民が政府の指示に従っているかどうかを監視するための軍や警察の人員配置などがある。南部地区につながる道路は警官によって警備され、後に新型コロナウイルス陽性と確認された場合の追跡調査のため、運転手や乗客の登録を行っている。現在、ブータンでは迅速な検出設備を備えた隔離病棟を含め、全国各地に検疫所が設置されている。

コロナウイルス感染予防のために設置された手洗い場所

 厳重な感染防止対策がとられているとはいえ、輸送車両の移動制限はなく、ほぼ通常通りの生活を送っている。一方、ブータンでは初めての経験となることにより、学生をオンライン授業(E-learning)へ参加させるのはかなり難しいと思われる。

E-Learningへの取組み

さくらサイエンスプログラム参加者からの報告

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、下記の英語原文をご参照ください。

Corona Virus Pandemic in Bhutan

Background:

Date: 15th April 2020

Bhutan is located in the Himalayas neighbored by China in the north, sandwiching majority of the land by Indian states of Assam, West Bengal and Arunachal Pradesh. Bhutan confirmed its first case on 6th March 2020 from a 76 years old male tourist from United States of America who travelled from India on March 2nd via Paro-international airport. On 20th March, 59 years old female partner of the tourist tested positive after 28 days of her first contact. The third, fourth and fifth case were Bhutanese students returning from various affected countries and tested positive on 25th March, 29th March and 1st April 2020. Currently, Bhutan have 5 Covid-19 cases, of which two are international tourist who are recovered, and the rest are Bhutanese citizens.

How Bhutan tackles the Corona virus Pandemic:

Just immediately after the first case was confirmed, Bhutan immediately restricted entry of foreign tourists for two weeks. Schools in three areas including capital Thimphu were closed. Adhering to the National Preparedness and Response Plan, and the operating procedures in place, all follow-up actions were initiated immediately. His Majesty the King personally oversaw implementation of the response strategy, as teams operated from Ministry of Health all through the night.

As Businessmen and students are constantly being evacuated from affected countries to Bhutan, the Prime Minister Dr. Lotay Tshering announced the further closure of Schools and Universities until further notification to minimize the risk of transmission. Owing to erratic incubation period of the Covid-19 virus, the Prime minister announced the nation on increasing the quarantine period from 14 Days (WHO recommended) to 21 days to all citizens entering the country. However, the returnees were also allowed to home quarantine with strict monitoring.

With the numbers of coronavirus infections in neighboring India rising, increased security and prevention measures have been set up in the southern districts which border the Indian states of Assam and West Bengal. These measures include round-the-clock surveillance of all formal and informal border crossing points, and door-to-door COVID-19 awareness and prevention campaigns. Although, no lockdown measure is being taken till now, public gatherings, night clubs and other entertainment modes are restricted. Just recently, the Prime minister directed all shops and supermarkets to remain closed after 7pm.

Other measures include installation of hand washing facilities, distribution of hand sanitizers and deployment of Army personnel and policemen to monitor the public compliance on the Government orders. Roads linking to southern districts are guarded by policemen for registration of drivers and passengers to help trace the people if confirmed positive for Covid-19 later. Presently, Bhutan have quarantine centers all over the country including isolation wards equipped with rapid detection facilities.

Having said that strict measures are being taken to prevent the disease spread, no restriction of movement of transport vehicles are imposed and life is more or less normal. However, engaging students through online teaching (E-learning) seems to be quite challenging as Bhutan experiences the situation for the first time.

Contributed by: Dr. Jigdrel Dorji

College of Natural Resources

The Royal University of Bhutan

pagetop