日中大学フェア&フォーラム in イノベーション・ジャパン 2019

言語切替: 中文 | 日本語

南開大学 南開大学Nankai University

大学ホームページ

出展技術成果1

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

脳インターフェース技術


技術の特徴

段峰教授は人工智能・脳科学研究に従事し、脳の電気信号による機器と動物の大脳の制御、すなわち脳による制御と脳の制御を実現した。「脳による制御」の面では、中国で初めてヒトの脳と自動車の中央制御システムとの「連携」を実現し、3Dシミュレーションから実車実験までの完備された体系を確立し、脳の電気信号による自動車のリアルタイム方向転換、加減速、駐車など多くの機能を実現した。「脳の制御」の面では、脳の電気信号による動物の大脳制御の技術的ボトルネックを打破し、ラットロボット制御システムを確立し、ヒトの脳の電気信号によってラットロボットの左右への方向転換、前進などのミッションを実現した。


応用分野

人工知能・脳科学



出展技術成果2

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

ROSによるスマートホームサービスロボット



技術の特徴

ROSシステムに基づいてロボットの自主ナビゲーションモジュールを開発し、CMU Sphinxの枠組みの言語処理システムを採用した。ポイントクラウドデータ処理によりフォロー機能を実現した。OpenCVとDlibライブラリによって顔認識機能を実現した。ロボットはHueヒストグラムスライドウインドウテンプレート対応方式により物体識別機能を実現し、空間ポイントクラウドデータを利用して物体の3次元位置を確定する。アームが逆運動学演算により物体をつかむ機能を実現した。このホームサービスロボットは自主ナビゲーション、言語コミュニケーション、フォロー、顔認識、性別認識、手を振る動作の認識、物体識別、ものをつかむなど多くの機能を実現し、真に人々の生活の実際のニーズに適合した。


応用分野

ロボット


出展技術成果3

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

小家電向けの工業インターネットコア技術開発


技術の特徴

(1)フレキシブル生産と個別化推奨:ビッグデータ技術を利用してさまざまな顧客のニーズを分析し、スマート設備が処理後の情報に基づき、フレキシブル生産方式によって判断、分析、自己調整を行い、自動で「多品種、小ロット」生産を行い、推奨する計算法を利用して自動で潜在的顧客を掘り起こし、最終的に顧客の満足度と企業の効率というウィン・ウィンを実現する。(2)モジュール化生産とクラウドコンピューティングプラットフォーム:クラウドプラットフォームとクラウドコンピューティングを利用してメーカーとサプライヤーに統合と配分を行い、最終的にモジュール化された最も価値の高いネットワークを形成し、産業内部相互の互利互恵の幅広い協力を展開する。


応用分野

工業インターネット



出展技術成果4

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

スマートチェーンによる民泊管理プラットフォーム


技術の特徴

このプラットフォームはスマートチェーンに基づく先進的住宅管理プラットフォームで、IoT通信技術、身分証識別技術、クラウドビッグデータ技術などを応用し、住宅の紹介、遠隔予約、無人住宅監視、清潔維持サービスなどを一体化した。スマートロックにより入出コントロールを実現し、IoTスマートネットワークの利用でドアコントロールの遠隔制御を行い、身分識別装置により身分証や顔認証により入る人の身分を識別し、省エネ制御ユニットにより家全体の電力制御を行い、無人の場合の電力遮断を確保し、省エネ・環境保護を実現する。本システムの核心はPMS管理システムによるもので、予約、販売、顧客管理、クローク業務、財務管理、客室管理などさまざまな面から民泊の発展に利便性を提供する。プラットフォームはAPPの示す窓口で移動オフィスを実現し、家主は携帯電話でPMSシステムの各機能を実施し、顧客は携帯電話で家探し、チェックインなどの全機能を行う。


応用分野

スマートホーム




Science Portal China