日中大学フェア&フォーラム in イノベーション・ジャパン 2019

言語切替: 中文 | 日本語

南京大学 南京大学Nanjing University

大学ホームページ

出展技術成果1

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

高性能離散要素分析ソフトMatDEM


技術の特徴

オリジナルの離散要素マトリクス計算法と3D接触アルゴリズムに基づき、MatDEMソフトは数百万個の高効率離散要素データシミュレーションを実現し、その計算効率と要素数は商業ソフトの30倍に達する。オリジナル理論に基づき、ソフトは離散要素材料の自動モデリングを実現し、離散要素モデリングの難しさという問題を解決した。ソフトは前処理、計算、後処理の強力な2次開発を統合し、完備された関数インターフェースを提供し、2次開発により複雑なマルチフィールドカップリングのシミュレーションを行う。現在、ソフトは6言語のバージョンがあり、南京大学がすべての知的財産権を持っている。ソフトの詳細は、以下のサイトを参照。http://matdem.com


応用分野

離散要素数値計算は地球化学、地質、鉱山管理、農業、環境などの分野に幅広い応用価値がある。農業の穀物堆積、鉱山管理分野の鉱石粉砕、工業生産における顆粒物混合などのシミュレーション、固体力学分野における顆粒堆積物の力学性能研究、地質分野における各種構造の形成と変化の研究など。現在、MatDEMソフトは地滑り、岩石爆破、衝突破壊、突き固め作用、ドリルによる岩石破壊、水圧破壊などの一連の課題のシミュレーションに応用されている。マルチフィールドカップリングと流体構造カップリングモジュールにより、大規模工業建設に効率的なデータシミュレーション技術のサポートを提供する。


図aは真三軸試験シミュレーション結果
図bはシールド機ドリルの岩石破壊シミュレーション
図cは3D地滑りプロセスシミュレーション
図dは隕石衝突プロセスの地震波シミュレーション


出展技術成果2

出展分野

持続可能な発展目標

目标 6:きれいな飲み水と衛生設備


出展技術テーマ

BARMS汚水高効率生化学処理システム


技術の特徴

先進的なバイオ材料と微生物技術を組み合わせた高効率汚水処理システムである。汚泥産出量が少なく、エネルギー消費が少なく、有酸素での窒素・リン汚染除去などの技術特性がある。従来の「活性汚泥法」と比較し、BARMSは処理効率を大きく向上させ、CODが10000に達する高濃度汚水を効果的に処理し、処理流量は100%増加し、エネルギー消費は50%減少し、生化学汚泥の産出量は90%以上減少した。SND微生物定植培養技術を踏まえ、BARMSは有酸素の条件下で水の窒素・リン汚染を効果的に処理し、1段階法で水の窒素、リン、有機物などの主な汚染物を除去する。処理プロセスを簡素化し、システムの安定性を向上させた。


応用分野

ロボット




Science Portal China