日中大学フェア&フォーラム in イノベーション・ジャパン 2019

言語切替: 中文 | 日本語

北京交通大学 北京交通大学Beijing Jiaotong University

大学ホームページ

出展技術成果1

出展分野

持続可能な発展目標

目標 3:健康と福祉


出展技術テーマ

新型点字ディスプレイ


技術の特徴

この技術は合金材料を使い、自主設計した特殊な機械と接続した構造で、材料性能のモデリングと合理的な制御アルゴリズムにより、点字ドットマトリクスの凹凸変換を使用し、通常の文字や音声をリアルタイムに点字に変換して目の不自由な人が触って識別できるようにしたもので、このソリューションは点字作成設備のコストを大幅に下げ、継続稼動力を向上させ、設備の体積を縮小し、各種の移動・ポータブル設備へ拡大利用できる。現在市販されている点字ディスプレイは1ドットあたりのコストが高く、点字ディスプレイの目の不自由な人への普及や応用を制限しているが、この点字ディスプレイは目の不自由な人専用の実用的ポータブルコミュニケーションツールを制作でき、目の不自由な人がより社会に溶け込み、一般の人と同様に読んだりコミュニケーションができるようになる。


応用分野

目の不自由な人の電子読書



出展技術成果2

出展分野

持続可能な発展目標

目標 9:産業、イノベーション、インフラ


出展技術テーマ

「天軌」交通システム


技術の特徴

「天軌」交通はモノレール交通技術(懸垂式モノレール、跨座式モノレール、リニアモーターカー)をベースに、3つのモノレール技術を完全に融合し、双方向上下の4方向への輸送体系を作り上げた。上の2本はリニアモーターカーか跨座式モノレール、下の2本は懸垂式モノレールである。天軌交通はスピーディ、集約的、環境に優しい、省エネ、安全、低コストなど多くの優位性がある。


応用分野

軌道交通




Science Portal China