2021年10月のレポート

ペルーのCOVID-19:荒波横断の18か月

ペルー国リマ、ラ・ユニオン・スクール 副校長
Dan Omura

2020年3月2日(月)、ペルーの他の多くの学校と同様に、ラ・ユニオン・スクールでも学年がスタートしました[1]。先生方は新入生との出会いを楽しみにしており、学校内は声と笑いと喜びにあふれていました。その日の昼休み、何人かの理科の先生たちが、中国から広まっているこの新種の疾病について話をしていました。このニュースは1月から聞いていましたが、あまりにも遠くてペルーには影響が及ばないだろうと思っていました。その時は、私たちの国に影響が及ばないであろうことだけでなく、すべての大陸に広がるとは知りませんでした。

COVID-19の最初の患者は、3月6日にペルーの大統領であるマルティン・ビスカラ氏がテレビ演説で確認しました。これは、ヨーロッパでの休暇から戻った25歳の航空会社社員によるものでした。迅速に、ペルーにおけるこの新型コロナウイルスのリスクに対処するため、政府は国家的な準備計画を提示し、国家医療体制の予算を増やしました。

3月15日、ビスカラ大統領は国民に向けて、COVID-19の感染患者が72人確認されたと発表しました。この国家的演説は、これまでのペルーの生活様式を一変させました。国家非常事態宣言と強制的な国民隔離が宣言され、ペルーのすべての国境が閉鎖され、ほとんどの公民権が停止され、あらゆる形態の社会的集会が禁止されました。

この国民隔離の最も衝撃的な状況の一つは、すべての地上および航空の輸送手段が停止され、ペルーの外でさえ、家から離れた場所に閉じ込められた多くの人々に苦痛を引き起こしたことでした。また、主要都市には国内の他の地域から労働者が集まってきますが、ペルーの経済活動を行っている人々のほとんどは非正規の仕事をしているか、自営業を営んでいます(ロックダウンの時点では67%でしたが、2021年9月にはこの数値は73%に増加しています)[2]ので、隔離期間中は働くことができませんでした。これにより、職を失った約600万人[3]が影響を受け、絶望の中、人々は都市を離れて故郷に戻ろうと何百キロもの距離を歩き始め、国内の人道的危機を引き起こしました。

人々の日常生活を維持するために必要不可欠な仕事の従事者に対して、移動の特別許可が与えられ、その他の家族ごとに、代表の一人だけが食料品を買いに出かけることが許されていました。都市部では、銀行、病院、ドラッグストア、スーパーマーケット以外はすべて閉鎖されましたが、田舎では農業、鉱業、工業はほとんど停止しませんでした。運送業界に規制がかかったために、トイレットペーパー、小麦粉、パン、医薬品、薬用アルコール、消毒用洗剤など、特定の商品の流通や入手にも影響を与えました。需要は(時には非合理的)確かに増加しましたが、貨物輸送従事者が新しいバイオセーフティプロトコルの順応につれて、流通は改善されました。

図1 リマの地元のスーパーマーケットの空になった棚。
出典:著者の個人的な写真

厳しい隔離は約6ヶ月間(地域によって異なる)続きましたが、現在も国全体に外出禁止令が出ています。通行制限の時間は各地域の健康警戒レベルによって異なり、夜間外出禁止令を守らない者は最寄りの警察署に連行され、罰金を科せられます。今では、ペルー国内を自由に移動したり、飛行機で他の国に行ったりすることができるようになりましたが、地上の国境はまだ閉鎖されています。

図2 夜間外出禁止令数分前の荒廃したクスコの広場。
注:レゴシホ広場は、かつてクスコを訪れる観光客に人気がありました。
出典: 筆者の個人的な写真。

このパンデミックは、ペルーが近年直面している最大の経済危機のひとつでもあります。国家統計情報局(INEI)[4]によると、2020年の国内総生産(GDP)は11.1%の縮小があり、ペルーの経済成長がマイナスになったのは20年以上ぶりのことです。最も影響を受けた分野は、接客業・飲食店(-50.45%)、運輸・倉庫・通信(-26.81%)、サービス業(-19.71%)、商業(-15.98%)でした。政府は、さまざまな分野、特に大企業や中堅企業に対して低利の融資を行うなど、いくつかの保護措置を講じました。「Reactiva Peru(ペルー活性化)」と呼ばれるこのプログラムの一般財源は、6千万ペルーソル(約1,500万米ドル)です。さらに、政府は都市部と農村部の840万世帯にもなる低所得者層へ600ソルから760ソル(150米ドルから190米ドル)の支払いを数回行っていくつかの支援を行いました。これは、ペルー史上最大の財政運営であり、2,100万人近いペルー人に直接恩恵を与えました[5]

この経済危機は、パンデミックの最中に起きた政治的混乱の影響も受けています。マルティン・ビスカラ大統領が罷免され、議会議長のマヌエル・メリーノ氏が国家大統領に就任しましたが、5日後に辞任しました。このような状況によって議会選挙が必要となり、この議会選挙の結果、フランシスコ・サガスティ氏が新議会議長に選出され、これによって同氏は2021年4月に国民総選挙を実施しなければならない新臨時政府の長となりました。この選挙過程で、僅差でペドロ・カスティジョ氏が5年間のペルーの新大統領に選出され、独立200周年の非常に制限された控えめな祝賀会の行われる中で昨年7月に就任しました。

ペルーは非常に厳格な隔離措置と保健省へ割り当て予算の増加を行ってきましたが、私たちはCOVID-19によって最も影響を受けた国の一つです。2021年9月末までに、それぞれ約8か月の2つの長い「波」に分布する213万人を超える患者が報告されています(図3)。第2波は最も劇的で、特に今年3月には24万人以上の患者がその月に報告されました。 現在、COVID-19の入院患者はわずか3,325人で[6]、そのうち補助人工呼吸器が必要な患者はわずか25%と、現感染患者や新規感染患者が少ない時期にあります。

図3 ペルーにおけるCOVID-19新規感染者の月別推移
出典:保健省によるSala situacional COVID-19 ぺルー[6]より引用

パンデミックが始まって以来、20万人近くの死亡者が出ており、その月ごとの大まかな分布は新規患者の場合とほぼ同じです(図4)。2021年には、ほとんどの月で致死率が10%を超えています(表1)。これは他の国と比べて非常に高く、すべての公共スペース(飲食店、ショッピングモール、市場など)での2枚のマスクの使用義務や入場者数の縮減などの制限措置とは関連がないかもしれません。すべての店舗では、来店者の体温を測定し、靴や手を消毒する必要があります。また、公共交通機関を利用するためには、透明なフェイスシールドを着用する必要があります(図5)。

図4:ペルーにおけるCOVID-19による死亡者数の月別推移。
出典:保健省によるSala situacional COVID-19ペルー[6]より引用

2020 COVID-19
cases
Deaths Case Fatality
Rate(%)
2021 COVID-19
cases
Deaths Case Fatality
Rate(%)
MAR 7,323 163 2.2% JAN 173,016 11,068 6.4%
APR 80,245 5,024 6.3% FEB 179,517 18,724 10.4%
MAY 149,204 16,106 10.8% MAR 241,768 21,089 8.7%
JUN 124,000 17,293 13.9% APR 145,479 23,562 16.2%
JUL 183,858 18,259 9.9% MAY 110,413 16,960 15.4%
AUG 226,903 17,486 7.7% JUN 61,385 5,930 9.7%
SEP 120,915 8,260 6.8% JUL 24,958 3,446 13.8%
OCT 66,089 4,304 6.5% AUG 15,026 1,544 10.3%
NOV 43,682 2,989 6.8% SEP 12,642 1,037 8.2%
DEC 56,772 3,679 6.5%  

表1:ペルーにおけるCOVID-19の患者致死率の月別推移。
出典: 保健省によるSala situacional COVID-19ペルー[6]より引用

図5:公共交通機関を利用する際に防護服や器具を使用する作業者。
出典:筆者の個人的な写真。

このパンデミックはペルーの医療体制に逼迫を与え、パンデミックの初期には、全国に1,052の集中治療室(ICU)の病床しかなく、この数は2,027のICU病床に達するまで増加しており、今後は3,000病床にも達することが予測されています[7]。現在、ICUのベッドの45%しか使用されていませんが、最も危機的な月には、すべての医療施設の待合室で患者が長い行列をを作っていました。もう一つの重要な点は、医療用酸素の需要が増加したことで、入手が非常に困難になり、数ヶ月間、かなりの病院で深刻な不足状態に陥りました。民間および非営利団体は、増加する需要を満たすために、ペルーのさまざまな地域に酸素プラントを寄贈しました。前例のない状況で、政府は地域の不足分をカバーするために、医療用酸素の国際的な寄付を受けました[8]

ペルーでは、COVID-19は臨床症状による診断または検査室で行われた病原体検出による診断が認められています。パンデミックの初期には、PCR検査の処理能力がそれほど向上されていなかったので、血清学的・抗原検査がより一般的でした。公的医療制度では、これらの検査は無料ですが、検査を受けるためには症状があることが必要です。民間の診療所に行くと、PCR検査を200.00ソル(50.00米ドル)、抗原検査を120.00ソル(30.00米ドル)で受けることができます。ペルーにおけるCOVID-19の治療は、現在、世界保健機関(WHO)の勧告に非常に忠実に従っています。パンデミックの当初、イベルメクチンは非常に人気があり、テレビでもスポンサーがついていましたが、2021年3月にCOVID-19の治療薬として国のリストから削除されました。

ペルーではゲノム調査は非常に限られていますが、2020年12月にペルアナ・カジェタノ・エレディア大学のPablo Tsukayama博士[9]によってSARS-COV-2ウイルスの新しい変異株(ラムダ、C.37)が報告され、2021年3月には国内で最も多く見られる変異株となりました。WHOは、このウイルスが南米に広く広がり、40か国以上に達していることから、注目すべき変異株に指定しました[10]。しかし、2021年6月にデルタ型の最初の症例が報告された後、状況は急速に変化し、限られたゲノム情報に基づいてですが、9月末までにペルーではデルタ型が主流となっているようです。

一方、ペルーではワクチン接種プログラムが急速に進んでおり、完全に無料で行われています。 現在、1,300万人以上が2回の接種でワクチン接種を終え、300万人以上が既に1回のワクチン接種を受けています。総接種数は3,000万回を少し超えています。ファイザー社・バイオンテック社のワクチンが総接種数の57%を占め、シノファーム社が39%、オックスフォード大学・アストラゼネカ社は4%にとどまっています。2021年4月にワクチン接種プログラムが開始されて以来、COVID-19に関連する死亡者数は大幅に減少しています[11]

健康や経済の指標は少しずつ元に戻ってきていますが、その間に放置されていたある分野があります。ペルーで最も影響を受けているのは教育分野で、2020年3月から学校が閉鎖されています。教育省は2021年に学校を再開するという国家計画を立てましたが、全111,640校(公立および私立校)のうち、再開して校内で限定的な活動ができるようになったのは5,350校に過ぎず[12]、ユニセフ・ペルーによると、授業を開始できるが政府の許可が下りていない学校が約7万校あるとのことです。

閉鎖された学校に対処する方法として、教育省は遠隔教育を支援する国のラジオ・テレビ番組「Aprendo en Casa(家で学ぶ)」を開始しました。このプログラムは教室を模擬していますが、教師と生徒の対話を確保する仮想学習プラットフォームはありません。公立学校の教師の多くは、生徒と連絡を取るために、ソーシャルネットワークプラットフォームやインスタントメッセージングサービスを利用していますが、これは生徒の学習プロセスをどのように発展させるかについての最も深刻な問題の一つです。公立学校の中には、恵まれない生徒たちが毎月のインターネットプランを得られるようにして、仲間や先生とつながることができるようにする連帯プログラムを始めたところもあります。一方、私立学校では、教師と生徒がビデオ会議を行うことができる学習プラットフォームや、バーチャルな教室を利用したバーチャル教育への移行が急速に進んでおり、私立学校と公立学校の格差が大きくなっています。

生徒たちがラ・ユニオン・スクールに最後に足を踏み入れたのは18か月前のことでした。今は、廊下には誰もおらず、遊び場は静かで、建物は荒れ果てているように見えるかもしれませんが、私たちのコミュニティはまだ活気があり、非常に協力的で、慈善事業で食料を、他の学習コミュニティのために学校の教材を提供したり寄付したりしています。私たちはバーチャル教育を利用してきましたが、今ではウェビナー、電話会議、あるいはオンライン会議などで国外の機関との接触が増えています。私たちは、一緒に過ごす時間の大切さ、人生におけるシンプルなことの大切さ、そして与えられたものを当たり前だと思わないことを学びました。

ラ・ユニオン・スクールは、希望、回復力、友愛のメッセージである「さくらサイエンスプログラム」に参加するすべての機関に、心からのエールを送りたいと思います。

[1] In Peru the school year runs from March to December.

[2] Instituto Peruano de Economía (Sept. 06, 2021). Empleo en el Perú: Entre la precariedad y la recuperación. El Comercio, Lima - Peru.

https://www.ipe.org.pe/portal/empleo-en-el-peru-entre-la-precariedad-y-la-recuperacion/

[3] Instituto Peruano de Economía (2020). Mercado laboral peruano: impacto por COVID-19 y recomendaciones de política. Final Report for the International Labour Organization (ILO). IPE, Lima - Peru.

https://www.ipe.org.pe/portal/covid-19-cual-es-la-situacion-del-mercado-laboral-peruano-en-tiempos-de-pandemia/

[4] INEI (2021). Producto Bruto Interno Trimestral. Informe Técnico No 1 Febrero 2021.

https://www.inei.gob.pe/media/MenuRecursivo/boletines/01-informe-tecnico-pbi-iv-trim-2020.pdf

[5] El Peruano (October 10, 2020). 8.4 millones de hogares recibirán Bono Familiar Universal de 760 soles. Diario Oficial El Peruano.

https://elperuano.pe/noticia/105150-84-millones-de-hogares-recibiran-bono-familiar-universal-de-760-soles

[6] Information retrieved from Sala situacional COVID-19 Peru by the Ministry of Health. https://covid19.minsa.gob.pe/sala_situacional.asp

[7] Andina (May 5, 2021). Perú tendrá 3,000 camas UCI en julio para afrontar eventual tercera ola. Agencia Peruana de Noticias, Andina.

https://andina.pe/agencia/noticia-minsa-peru-tendra-3000-camas-uci-julio-para-afrontar-eventual-tercera-ola-844066.aspx

[8] El Peruano (March 11, 2021). Primer lote de oxígeno medicinal procedente de Chile llegó a Lima, donado por la SNMPE. Diario oficial El Peruano. https://elperuano.pe/noticia/116825-primer-lote-de-oxigeno-medicinal-procedente-de-chile-llego-a-lima-donado-por-la-snmpe

[9] Sanjay Mishra (July 15, 2021). La inusual variante lambda está propagándose rápidamente por Sudamérica: esto es lo que sabemos. National Geographic. https://www.nationalgeographic.es/ciencia/2021/07/la-inusual-variante-lambda-esta-propagandose-rapidamente-por-sudamerica

[10] El Comercio (Aug. 15, 2021). Lambda, la variante que supera a Delta en el Perú y que preocupa a los cintíficos. El Comercio Perú. https://elcomercio.pe/tecnologia/ciencias/lambda-la-variante-que-supera-a-delta-en-el-peru-y-que-preocupa-a-los-cientificos-covid-19-noticia/

[11] Revollé, A (2021). Así avanza la vacunación contra la COVID-19 en Perú. Diario La República, Lima. https://data.larepublica.pe/avance-vacunacion-covid-19-peru/

[12] UNICEF (Sept.16, 2021). Las escuelas siguen cerradas para casi 77 millones de estudiantes 18 meses después de la pandemia. Nota de prensa UNICEF. https://www.unicef.org/peru/comunicados-prensa/las-escuelas-siguen-cerradas-para-casi-77-millones-de-estudiantes-18-meses-pandemia

注)原文からの和訳はJSTによるものです。正確な表現やデータについては、英語原文をご参照ください。(原文はこちら