さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第25号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第25号

さくらサイエンスハイスクールプログラム第5グループ
修了式&歓送会が行われました!

 6月2日(金) JST東京本部別館1階ホールにて、第5グループ(インド、ネパール、ブータン)の修了式と歓送会が行われました。

写真1
写真2
修了式に臨む高校生の皆さん。

 修了式では、各国の高校生代表がプログラム全体を振り返って感じたことについて、6分間のスピーチを行いました。

 それぞれの高校生が自分自身の言葉で、力強く語ったことの一部をご紹介します。

ブータン代表のジュベン ラナさん  「日本の有名大学を訪問することで、様々な知識や情報を得ることができました。中部大学とSSH名古屋大学附属高校では、学生の皆さんとコミュニケーションをとることで、お互いに理解し合うことができたと思います。ミャンマーの伝統的な文化ともよく似ている、日本の文化を知ることもできました。いつも学校で勉強している知識をより深め、世界に向けて視野を広げることもできました。このプログラムで経験した様々ことは、これから社会に出て行く私たちの一生の糧となると思います。」

写真3
ブータン代表のジュベン ラナさん

インド代表のクンムッド ラクラさん  「プログラムに参加することにより、視野を広げることができました。それは、日本の文化や技術についてだけではなく、私たち自身の文化を見つめなおすことにもつながりました。日本のことわざに、「知者は惑わず、勇者は恐れず」という言葉があります。智恵のある賢い者はその道を踏み外すことはなく、勇敢な者は恐れることがないという意味です。この忘れられない、そして啓発的な日本での経験は、私たちを賢くし、更なる先端科学技術の世界へ導きました。そして、忍耐、人情、時間を正確に守ることなどを日本人から学びました。私たちは、このさくらサイエンスプログラムに参加できたことをとても光栄に思っています。」

写真4
インド代表のクンムッド ラクラさん

ネパール代表のシュレスタ サディクシュヤさん  「プログラム全体で最も素晴らしかったのは、光栄にも益川先生と対談できたことです。先生のお言葉はとても的確で、ユーモアにあふれていました。はじめ、ネパールとはだいぶ違う日本の環境に適応することは難しく思いましたが、今は日本のことが大好きになりました。日本とネパールは遠く離れていますが、同じルーツの家族のようにも感じています。2015年、ネパールで震災が起こった際には、日本から多大な支援をいただきました。ネパールを代表して、感謝の気持ちをお伝えします。」

写真5
ネパール代表のシュレスタ サディクシュヤさん

写真6
修了証書を受け取る各国代表の皆さん
写真7
修了証書を受け取り、笑顔の各国代表の皆さん

 修了式につづいて行われた歓送会では、ビュッフェ形式の食事を囲み、1週間の想い出を語り合いながら、プログラム最後の名残りを惜しみました。

写真8
乾杯! 歓送会のはじまりです。
写真9
笑顔でピース!歓送会を楽しむ高校生の皆さん

写真10
笑顔で歓談する高校生の皆さん
写真11
鈴木陽平在東京ブータン王国名誉総領事補佐と語り合うブータンの高校生

 歌や民族舞踊など、恒例となった各国高校生によるパフォーマンスも披露されました。

写真12
民族舞踊を披露するブータンの高校生の皆さん
写真13
歌を披露するネパールの高校生の皆さん。引率者として来日された先生も、のりのりで参加しました。

写真14
民族舞踊を披露するインドの高校生の皆さん

 ブータン、インド、ネパール、それぞれのパフォーマンスの様子は、順次フェイスブックに公開していきますので、お楽しみに!

写真15
集合写真 ブータン
写真16
集合写真 ネパール

写真17
集合写真 インド①
写真18
集合写真 インド②

活動報告