さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成29年度 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第10号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第10号

ハイスクールプログラム第3グループ来日中!
Aグループは木更津工業高等専門学校を訪問

 日曜日に来日した第3グループの高校生は3日目となる本日(5月17日)、3つのグループに分かれて、各訪問先へ出発しました。

 Aグループ(マレーシアの高校生30名+引率者6名)は、木更津工業高等専門学校を訪問しました。

写真1
正門前で記念撮影
写真2
木更津高専 2016ロボコン アイデア倒れ賞受賞の「伊能運搬隊」と一緒に

 鴇田正俊副校長による歓迎の挨拶の後、マレーシアの高校生代表からも「日本は新幹線など、大変進んだ、素晴らしい技術を持っている国だと思います。この機会に、その高い技術を学習するための場所を訪れることができることを嬉しく思います」との言葉が述べられ、とても和やかな雰囲気の中で、進行していきました。

写真3
代表で挨拶したマレーシアの高校生
写真4
留学生がマレーシア語で通訳しています

同高専の概要説明では、

  • ①高等専門学校は、実践的・創造的技術者を養成することを目的とした高等教育機関であること
  • ②卒業後は、就職の他、大学の3年に編入したり、専攻科へ進学した後、さらに大学院に進学するなど、多くの選択肢があること
  • ③大学受験準備のためのプロセスは必要ないため、初年度から一貫して専門性に特化した学習に集中できること
  • ④多くの企業から専門性を身に着けた即戦力の技術者として期待され、100%の就職率を誇っていること

などが紹介されました。

 その後行われたキャンパスツアーは、小グループに分かれ、それぞれ留学生が先導しました。

 機械工場、鋳造・鍛造工場では、教育研究支援センター湯田雅紀先生から、大仏作製にも応用された、砂を使用して鋳型を制作する鋳造方法など、様々の技法について説明を受けました。マレーシアからの留学生は、日本語・マレーシア語の通訳の役目も果たしていました。

写真13
機械工場にて

 都市創造実験室では、嶋野慶次技術長から、建築の現場で欠かせない、土の性質を測定する装置や、コンクリートの強度を測定する装置など、様々な機器について説明を受けました。

写真5
都市創造実験室にて

 コンクリートの強度測定装置は、実際に機器を作動させてコンクリートが破壊される実験を見学することもできました。

写真6
コンクリート破壊測定実験

 また、東京ゲートブリッジの設計者など、様々な分野で活躍する卒業生たちについても紹介されました。

 情報物理実験室では、サイエンスインカレにおいて奨励賞を受賞した学生の皆さんから、「効果的な学習教材開発のための脳波を用いたメタ認知の検出」「カラスとのコミュニケーションのためのCyber net ics Crow の開発」など、研究内容の説明を受けました。一同は、大変興味深々の様子です。

写真7
情報物理実験室にて

 流体実験室では、「鳥や虫の羽ばたきを、効果的に飛行に利用する研究」など、またもや大変興味深い研究の数々を、研究に携わっている学生の皆さんから説明してもらいました。風を視覚化して、ベクトルとしてコンピューターに取り込んだり、たくさんの紙飛行機を飛ばしたり、皆すっかり内容に引き込まれていました。

写真8
写真9

風の可視化実験
写真10
流体実験室にて

 キャンパスツアーをすべて終了した高校生に感想を聞いたところ、「すごく、刺激的で良い経験になった!」と笑顔で答えてくれました。

写真11
写真12

笑顔で答えてくれたマレーシアの高校生

平成29年度 活動報告