さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成29年度 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第2号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第2号

ハイスクール第1グループの高校生
本日(4月12日)のプログラムは大学訪問でした!

 インドネシア、タイ、バングラディッシュの高校生131名は、A班、B班の2グループに分かれて日本の大学を訪問しました。

 晴天の清々しい朝、A班のメンバーを乗せたバスは、千葉大学正門前に到着しました。連日のプログラムによる疲れを感じさせることもなく、皆今日も元気いっぱいです。広いキャンパスの中、桜吹雪の歓迎を受けながら、工学部管理棟まで徒歩で移動しました。

 会議室に案内された一行は、まずスーパーグローバル大学として、積極的に留学生をを受け入れ、魅力あふれる活動を展開している、千葉大学の概要について説明を受けました。


大学の概要説明を真剣に聞く高校生たち

研究室ツアーの直前、説明を聞くインドネシアの高校生と、バングラディッシュの高校生

 工学部橋本研也教授の、ユーモアを交えた解説に、一同は笑顔を見せながら興味深げに聞き入っていました。

 次に、千葉大学に在籍している留学生の皆さんにより、千葉大学での学習や、日々の生活についてのスピーチが行われました。日本の学生だけではなく、多国籍の学生が集まり、充実した研究を行っている様子や、とても温かな研究室の雰囲気を直に語ってもらったことで、一同の関心のボルテージが一気に上昇しているように感じました。

 その後、4つの研究室の研究内容についての説明があり、グループに分かれて研究室ツアーに出かけました。

 その中の一つ、マイクロ波リモートセンシングの研究をしている、ヨサファット先生の研究室ツアーでは、インドネシアから来日したポストドクターのチャフヤさんが、案内役を努めました。(グループのメンバーは全員インドネシアから来日した高校生だったため、解説はすべてインドネシア語で行われました。)


ヨサファット研究室にて

桜満開のキャンパス内を移動中


ヨサファット研究室内の日本国旗にサインをしました。(研究プロジェクトの成功を祈って、来初者が記念にサインをしているようです)

代表で国旗にサインをした、インドネシアの高校生


ヨサファット研究室の前で

昼食後のひととき。
バングラディッシュの高校生

 午後からは、美しいガラス張りで、大変機能的な附属図書館と、イングリッシュハウスの見学をしました。イングリッシュハウスは、千葉大学内の多国籍の留学生と日本人の学生が共に集まり、英語でのコミュニケーション能力をを積極的に高めていくための施設です。ここで偶然一緒になった日本の学生やドイツからの留学生と、早速会話がはずんでいました。


イングリッシュハウスにて。
インドネシアの高校生。

イングリッシュハウスにて、ドイツからの留学生と交流する高校生たち。

 それにしても、キャンパス内は桜のほかにもたくさんの花が咲きほこり、本当に美しい風景でした。アジアの高校生から「この花は何ていう花?」と時々問いかけられ、彼らがそれを写真に納めていたことが、大変印象的でした。


満開の桜とともに全員で記念撮影

綺麗な花に興味津々。
タイからの高校生

 さくらサイエンスプランのこのプログラムがきっかけとなって、彼らがいつか再来日し、世界の舞台で大きな花を咲かせる日が来ることを、心から期待します。

平成29年度 活動報告