さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成29年度 > 一般公募コース > 第210号

[本文]

活動報告(一般公募コース) 第210号

優秀なASEAN+インドの学生が、将来のための先端科学技術を学ぶ

電気通信大学国際戦略室客員教授 高橋謙三さんからの報告

 電気通信大学では「低炭素・低エネルギーの将来社会に向けた先端科学技術の考え方と実際を学ぶ」を課題とした複数年度交流計画が平成28年度に採択され、第2回目の交流計画を平成29年10月15日から21日までの7日間にわたり実施しました。

 ASEAN諸国とインドの6カ国で、本学の国際インターンシップ履修学生を受け入れているか、受け入れる用意があり、かつ教育水準の高い7大学、タイのモンクット王工科大学ラカバン校(KMITL)、ベトナムの国家大学科学技術大学(VNU-UET)、マレーシアのマルチメディア大学(MMU)と国立サラワク大学(UNIMAS)、カンボジアの王立プノンペン大学(RUPP)、インドネシアのバンドン工科大学(ITB)、インドの国立科学技術大学(NIST)について、多数の候補者の中から、学業成績・マナーが良く、我が国の科学技術への関心高く、やる気のある学生10名を書類選考と、面談可能なSkype国際インタビューで選抜しました。

 渡航前研修として、本学と全学生をSkypeでリンクし、研修課題や日本語・日本文化に関する基礎知識を付与し、学生の自主的な連携で相互理解を深めました。

<15日>

 早朝、全員成田に到着。浅草で本学学生と日本文化体験し、宿舎でオリエンテーションを行いました。

<16日~17日>

 本学を来訪し、学長表敬に続いて、本学の代表的な研究センターでの受講と質疑・研究室見学、今年度はIoT等新たな視点を充実させ、研修効果を高めました。

 また滞在中に使える日本語の授業と練習、最後に電子・情報・通信・コンピュータなどの開発の歴史的発展を理解できるコミュニケーションミュージアムを見学、招へい学生と本学国際インターンシップ経験学生・各国の留学生とのコミュニケーションの場を設け、留学への理解を深めました。

<18日>

 兵庫県播磨科学公園都市にある世界最高性能大型放射光施設SPring-8およびX線自由電子レーザ施設(SACLA)を訪問、高輝度光科学研究センター(JASRI)から概要を説明頂き、内部を見学、引き続きX線吸収微細構造(XAFS)ビームラインBL36XUによる本学の燃料電池電極触媒の構造解析など研究状況を見学しました。

<19日>

 けいはんなエコシティープロジェクト・スマートコミュニティ実証実験・CO2排出量削減プロジェクト等を紹介頂き、見学しました。

<20日>

 小金井市にある情報通信研究機構(NICT)を訪問し、エネルギーを消耗しない仮想空間での多感覚インタラクション、音声会話のリアルタイム自動翻訳などの研究成果を見学・体験しました。日本科学未来館訪問では、アンドロイドとの会話を体験、二足歩行のアシモの実演に、招へい学生の興味は尽きないようでした。

<21日>

 宿舎で総括し、フライトの都合で2組に分かれ、成田経由で無事帰国しました。

 今年度の特記事項として、Google Messengerを連絡手段とすることで、招へい学生の移動時の点呼確認、滞在中の危機管理、搭乗や帰国空港への無事到着確認が円滑に実行できました。各招へい学生は成田到着時互いに慣れない緊張感を持っていましたが、帰国時には和やかな雰囲気となり、我が国の先端科学技術の体験と、コミュニティに参加できたことに感謝していました。

 その後も招へい学生とは連携、感想では留学志向者が多く、周辺の学生や後輩のためにプランの継続も強く希望していました。

写真1
学長表敬した招へい学生。左から3人目中野和司理事、5人目高橋謙三客員教授(プラン担当者)、後方6人目福田喬学長、7人目阿部浩二副学長(プラン責任者)、右端庫川智惠留学生係員、招へい学生はこの場で大学概要や留学の状況などの説明を受けました。
写真2
石橋孝一郎教授によるEnergy Harvester・センサネットワークなどの講義を聴き、続いて活発な質疑応答が行われました。

写真3
芳原容英教授による地球宇宙電磁環境や地球温暖化の監視予測などの講義を聴きました。
写真4
野崎教授による高性能半導体・MOCVD・次世代LEDなどの講義を受け、講師との間で活発な質疑応答が行われました。

写真5
野崎教授からMOCVD装置などの研究設備の説明があり、2班に分かれ装置が稼働するクリーンルームへ入りました。
写真6
i-パワードエネルギー・システム研究センターにて横川慎二准教授、澤田賢治准教授、曽我部東馬准教授から、電力プラントの高信頼化・Resilience・ネットワーク制御・量子ドット太陽電池等に関する講義を受けました。右上は講師の横川准教授

写真7
燃料電池イノベーション研究センターにて、岩澤康裕特任教授・センター長による低炭素社会に向けた科学技術のロードマップ・ポリマー電解質次世代燃料電池・XAFS(X線吸収微細構造)ビームラインBL36XUによる計測・解析等の講義を聴きました。左から5人目岩澤特任教授、8人目高橋客員教授
写真8
岩澤研究室のGabor A. Samjeske特任教授から燃料電池の研究状況を聴き、質問する招へい学生

写真9
レーザー新世代研究センターにて米田仁紀教授による講義に続いて実験室を見学しました。左端は米田教授
写真10
笠原ゆう子教授による日本語の講義と会話練習の後、教授を囲む招へい学生。前列中央は笠原教授

写真11
電気通信大学コミュニケーションミュージアムを見学。蝋管蓄音機の前で記念撮影。中央は説明された芳野赳夫名誉教授、右から1人目三橋渉学長特別補佐、2人目中田良平名誉教授、4人目高橋客員教授、左1人目は同行した国際インターンシップ体験学生の和田太一さん
写真12
コミュニケーションミュージアムの展示室で、ノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊博士から提供されたスーパーカミオカンデの光電子増倍管を見学しました。

写真13
SPring-8内部の本学のBL36XU実験施設の中で、岩澤研究室の坂田智裕特任助教から、燃料電池電極触媒の高性能化に向けた、アンジュレータや高い時間・空間分解能をもつXAFS計測のための光学設備などの説明を聴きました。
写真14
BL36XU実験施設の前で、次世代燃料電池に向けた高分子電解質触媒の研究開発状況を見学しました。右端は同行した国際インターンシップ体験学生の工貴大さん

写真15
けいはんなプラザへ向かう前の早朝の時間を利用し、宿舎から徒歩で三十三間堂を見学。安置されている仏像の説明からサンスクリットを通して各国に共通の文化があることを体験しました。右から2人目は案内した国際インターンシップ体験学生の工さん
写真16
けいはんなプラザにてエコシティ等の講義と質疑の後一同で記念撮影。左端は講師の矢野直樹事業推進部調査役、中央は重松千昭新産業創出交流センター長、右端は引率した高橋客員教授

写真17
NICTにて、情報通信網を介することで、エネルギーを消耗せずに遠隔地点で操作可能な仮想空間での多感覚インタラクションを体験しました。
写真18
日本科学未来館で、アンドロイドを介したコミュニケーションを体験しました。

写真19
阿部副学長から修了証書を授与された後、一同で。後列左から4人目阿部副学長、3人目高橋客員教授、前列左から2人目笠原教授、右端は同席した国際インターンシップ体験学生の和田さん

平成29年度 活動報告