さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成29年度 > 一般公募コース > 第82号

[本文]

活動報告(一般公募コース) 第82号

中国から若手教員を招いて研究交流を実施!

千葉大学工学研究院融合理工学府教授 魯云さんからの報告

 千葉大学工学研究院融合理工学府では、さくらサイエンスプランの支援を受け2017年8月6日から26日まで中国河南科技大学から若手教員Xu Hang博士を招へいし「新しいプロセスによる環境浄化光触媒の創製技術に触れる」というテーマで交流を行いました。

 今回の交流は、専門の応用科学分野から水浄化に関する研究を行っているXu Hang博士に、千葉大学工学研究院融合理工学府で行われている新しい成膜技術の機械成膜法、それによる光触媒の創製および光触媒を用いた環境浄化など、最先端の研究開発を紹介することを目的としています。

 また、初めて来日するXu Hang博士に日本の環境や文化などを体験してもらうことも計画しました。

 まず、大学キャンパス見学によって大学の紹介を行いました。緑豊かなキャンパスと、幅広い研究開発が強く印象に残ったようでした。

写真1
千葉大学キャンパスにて

 次に環境浄化に関する研究開発の交流を行いました。千葉大学工学研究院融合理工学府で行われている、新しい成膜技術の機械成膜法(メカニカルコーティング法)、それによる光触媒の創製、および光触媒を用いた環境浄化など、最先端の研究開発を紹介しました。

 また、Xu Hang博士から、触媒によるオイルの脱硫に関する研究を紹介していただくとともに、それぞれの大学教育や研究環境などについて、情報交換を行いました。

写真2
研究交流

 実験室で、研究開発の機器の見学をしてもらうことによって、研究環境や体制を紹介しました。また、研究室のセミナーの参加、および学生との交流によって、日本の教育現場を体験し、中国の大学教育の現状について意見を交換しました。

写真3
実験室の見学<
写真4
研究室セミナーにて

写真5
研究室での交流

 学生の発表を聞きXu Hang博士から学生への質問やディスカーションがあり、日本の大学教育および研究環境に関心を示していました。

 懇親会では、学生との自由な交流ができ、日本の学生の生活などについて会話が盛り上がり、親交を深めることができました。

写真6
研究室の懇談会

 日本科学未来館、東京国際展示場では、特にロボット技術に驚き、中国の学生に伝えたいと話していました。皇居や東京駅などの見学では、歴史的・文化的建築物に興味津々で、今回の交流活動に満足している様子でした。

写真7

日本化学未来館の見学

写真8
東京国際展示場の見学
写真9
東京駅の見学

 20日間の交流でしたが、日本の大学における研究開発、教育、学生生活などに大きな関心を示し、強い印象を受けたようです。また、日本の最先端技術に大きな刺激を受け、日本の建築や食文化にも感動したようでした。

写真10
鳥居二重橋の見学

 そして、今後の共同研究や大学間の交流を、さらに促進していくことを強く希望することを表明してくれました。

 最後に、この貴重な機会をいただいた、さくらサイエンスプランならびに関係者の皆さまに深く感謝します。

平成29年度 活動報告