さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第16号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第16号

インド・マレーシア・ミャンマー・台湾からの高校生たちが修了式と歓送会

さくらサイエンス・ハイスクールプログラム(第3グループ)

 インド・マレーシア・ミャンマー・台湾からの高校生たち第3グループ144名(生徒120名、引率者24名)の修了式と歓送会が、5月13日、国際協力機構JICA東京国際センターで行われました。修了式にはインド・マレーシア・ミャンマーの在日大使館と台北駐日経済文化代表処、そして文部科学省から関係者が来賓として出席しました。

活動の様子1
在日インド大使館からはDr. Purnima Rupal 参事官(科学技術部)が出席
活動の様子2
在日ミャンマー大使館のKhin Nilar Soe参事官

活動の様子3
台北駐日経済文化代表処のDr. Lu-Sheng Hong 科学技術部部長
活動の様子4
在日マレーシア大使館のDatin Norfaliza Ismal 一等書記官

活動の様子5
文部科学省 科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官付(国際戦略室)専門官 溝田岳氏が来賓のスピーチ

 来賓の挨拶のあと、それぞれの国・地域を代表した高校生たちが、日本滞在で学んだことや印象深かったエピソードなどを報告しました。「ノーベル賞受賞者の白川博士や梶田博士の話が印象深かった」「柏高校で同世代の日本の高校生と交流し、言葉よりも伝えたい気持ちが大切だと知った」「東京理科大の秋山教授の数学教室が楽しかった」「東大大気海洋研究所研究員の海洋生物学の話しに興味を引かれた。自分も将来その分野に進みたいと思った」など、1週間の短い滞在にもかかわらず、さまざまな成果を披露しました。

活動の様子6
インドの高校生を代表してMondal Rimiさんがプログラムの成果を発表
活動の様子7
マレーシア高校生を代表して発表するのはMuhammad Nabhan Bin Kamarudzman君

活動の様子8
ミャンマーの学生を代表してPhoo Pwint Khaingさんが発表
活動の様子9
台湾の学生を代表してLee,Nien-enさんが発表

 また、引率者の先生たちからも、「多くの先端科学や著名な科学者たちに会えたことは、子どもたちの将来にとって大きな財産となる」「自国に戻っても、日本からの情報を引き続き手に入れたい」「優秀な生徒たちを選んでこのプログラムに参加したが、短期間にもかかわらず、実に多くのことを彼らが学んだのを知って驚いた」など、プログラムの総括コメントがありました。

活動の様子10
インドの引率者代表、Prasad Virender 先生が総括コメント
活動の様子11
マレーシアの引率者代表は、Badrul Hisyan Bin Abdul Rahman先生

活動の様子12
ミャンマーの引率者を代表してZaw Lin先生が報告
活動の様子13
台湾の引率者代表はHisieh, Yun-Chen先生

 最後にJSTの後藤吉正理事より講評が行われ、修了証とサクラバッジが授与されました。

活動の様子14
インドの学生代表Sadananda Dakshathaさんに修了証を手渡す後藤吉正JST理事
活動の様子15
マレーシア学生代表Mohamad Firdas Bin Ahmad君と後藤JST理事

活動の様子16
ミャンマーの学生代表として、後藤JST理事から修了証を授与されたのはLynn Wai Yan君
活動の様子17
台湾はLee, Nien-Enさんが代表して修了証を受領

 引き続き行われた歓送会では、高校生たちはそれぞれ自慢の合唱やダンスを披露して日本最後の夜を心行くまで楽しんでいました。

活動の様子18
インドの高校生たちは合唱を披露

活動の様子19
歓送会で民族舞踊を披露するミャンマーの高校生たち
活動の様子20
それぞれのお国自慢のパフォーマンスに歓声を送る高校生たち(歓送会)

活動の様子21
修了式を終えて、来賓やJST関係者と記念撮影するマレーシアの高校生たち

活動報告