さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第14号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第14号

千葉県立柏高校で日本の高校生と交流

さくらサイエンス・ハイスクールプログラム(第3グループ)

 5月8日から日本を訪れているさくらサイエンス・ハイスクールプログラムの第3グループは、5月10日午前、千葉県立柏高校を訪問しました。訪れたのはインド・マレーシア・台湾・ミャンマーの高校生と引率者、計144名です。

活動の様子1
それぞれのクラスに分かれたアジアの高校生たちは まず自己紹介です。

 柏高校はスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されており、普通科のほかに理数科では理科・数学に関する専門的な教育が行われています。  アジアの高校生たちは柏高校の皆さんに拍手で迎えられ、体育館での歓迎セレモニーに臨み、続いて文化祭や運動会など、年間行事のビデオを鑑賞しました。

活動の様子2
拍手に迎えられ体育館での歓迎セレモニーに臨みました。
活動の様子3
アジアの高校生代表が訪問のお礼を述べました。

 その後、1年から3年までそれぞれのクラスに分かれて日本の高校生たちと交流を図りました。
 まずはお互いに自己紹介をして、その後さまざまなゲームを楽しみましたが、トランプや折り紙、椅子取りゲーム、けん玉など、総て柏高校生たちが自主的に考え、持ち寄ったゲームばかりです。
 最初は双方とも何となく遠慮しがちでしたが、時間が経つにつれ、あちこちで歓声があがり、高校生たちは国を超えて交流を楽しんでいました。

活動の様子4
さっそくトランプゲームの説明です。
活動の様子5
折り紙飛行機を飛ばし、距離を競います。

活動の様子6
慎重に積み木くずしに挑戦します。
活動の様子7
けん玉も習いましたが、なかなか難しそうです。

 さらに昼食も一緒にとり、日本の高校生が持参したお弁当を試食させてもらったりする生徒もいて、短時間の訪問ではありましたが、アジアの高校生たちは日本の高校生活の一端に触れることが出来ました。

活動の様子8
引率の先生も入って記念写真
活動の様子9
日本のお弁当に興味津々です。

活動の様子10
校長先生を囲んで記念写真の台湾グループ

活動報告