さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第7号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第7号

平成28年度最初の「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」修了式

 インド・カンボジア・ラオス・ベトナム4カ国の高校生たちが参加した「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」第1グループ150名(引率者含む)の修了式が4月15日、国際協力機構JICA東京国際センターで行われました。修了式には在日カンボジア・ラオス・ベトナム大使館と文部科学省から関係者が来賓として出席しました。

 参加した高校生からはそれぞれの国の代表が、一週間のプログラムで印象に残った点などを報告しました。「日本は先端科学技術だけでなく、古い歴史があることを知った」「ノーベル賞受賞者の益川博士や白川博士に会えて感動した」「日本の高校生と交流が出来て良かった」など、口々にプログラムの成果を披露しました。


インドの高校生を代表して修了証を手にするNagmaさんと濱口JST理事長


カンボジアの代表Eang David君の報告を聞く高校生たち



インドの学生を代表してManghat Srinath Nair君が報告


ベトナムの学生代表はHoang Huong Thaoさん



ラオスの学生を代表してスピーチするOudomvilay Thipphaphoneさん

 また、引率者からも各国代表が総括のコメントを行いました。「さくらサイエンス・ハイスクールプログラムを企画したことも素晴らしいが、このように充実した内容で実施したことはそれ以上に素晴らしい」「今回の経験は今後、子どもちにとって大きなモチベーションとなるに違いない」など、短い期間にも関わらず本プログラムが高校生たちに大きな役割を果たしたと語りました。


来賓スピーチをするカンボジア大使館のChhau Sothira 参事官


来賓のベトナム大使館のPham Quang Hung 一等書記官は日本語でスピーチ



ラオス大使館からはSomsanouk Vongsack公使参事官が来賓として出席


文部科学省 科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官付(国際戦略室)専門官 溝田岳氏が来賓のスピーチ



インドの引率者を代表して総括コメントするHosakote Ramakrishnarao Shyamala先生


カンボジアの引率者を代表してTang Kanika先生がスピーチ



ベトナムの引率者Tran Thi Uyen 先生


ラオスはSomeduangchai Kongsin先生がスピーチ


 最後に濱口道成JST理事長より講評が行われ、高校生たちへの激励の言葉とともに、修了証とサクラバッジが授与され、第1グループの日程は終了しました。


カンボジア高校生を代表して修了証を授与されるTha Sreynyさん


ラオスを代表して修了証を手にするLatsavong Pakisith君


ベトナムはNguyen Hong Anhさんが代表して修了証を受領


 さくらサイエンス・ハイスクールプログラムでは、引き続き4月・5月・7月および来年の1月にアジア地域から高校生たちが来日する予定です。

活動報告