さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > その他のプログラム > 第1号

[本文]

活動報告(その他のプログラム) 第1号

「さくらサイエンスクラブ」東京で同窓会
日本で初めての開催、43人の同窓生が集合

科学技術振興機構(JST)からの報告

「さくらサイエンスプラン」(SSP)で来日した学生や研究者たちでつくる同窓会「さくらサイエンスクラブ」の会合が、9月24日(土)、日本科学未来館(東京・江東区)で行われ、中国やインドネシアなどアジア7カ国、43人の同窓生が集合しました。同窓会には日本の文部科学省や在日ベトナム大使館などの関係者、そしてSSPの学生たちを担当した日本の大学関係者らも出席しました。

 なお、同窓会はシンガポールやインドですでに開催されていますが、日本では今回が初めてです。

 参加した43人の同窓生は現在、日本の大学や研究機関で学んだり、研究活動を行っています。いずれも以前、SSPプログラムで初来日し、日本の先端技術をはじめ文化や人々に触れ、再来日の夢を膨らませて、その夢を実現した若者たちです。ちなみに現時点までで、214人のSSP参加者が勉学や研究のために再来日しています。

 同窓会では東京理科大学教授の川村康文先生が「地球環境問題解決を考える科学実験」というテーマで講演をしたあと、若者たちはグループに分かれて、さくらサイエンスプランが契機となって日本への留学を決めた、という話や、日本での生活の良いところや大変なところ、これから来日する若者たちへ伝えたいことなどを語り合いました。

 その後、懇親会が行われ、同窓生たちはSSPで初来日したときの感動そのままに、それぞれの国の歌を披露したり、久しぶりに再会したSSPのスタッフたちと旧交を温めていました。


43人のSSP同窓生が東京に集合しました。

自己紹介の後、日本での勉強・研究などについて話し合いました。


大阪大学で物理を勉強しているインドネシアのSiti Zulaehah さん(写真中央)。「言葉は大変だけど、教授をはじめ皆とても親切」と語っていました。

「さくらサイエンスクラブ」について語る伊藤JST 副理事。


同窓生を代表して東北大学大学院のドクターコースで学ぶ、Wei Zouさん(中国)が挨拶しました。

東京理科大学教授の川村康文先生が「地球環境問題解決を考える科学実験」というテーマで講演


懇親会での記念撮影

懇親会で歌を披露する中国の同窓生たち

活動報告