さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第399号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第399号

Undergraduate Science Course in Tsukuba 2017

筑波大学からの報告

 第3回Undergraduate Science Course in Tsukubaとして、2017年2月27日〜3月7日の9日間、ベトナム(ホーチミン医科薬科大学、ホーチミン市自然科学大学)、インドネシア(インドネシア大学医学部、薬学部)、および台湾(国立台湾大学、医療科学部)からの招へい学生がつくば大学に滞在しました。

 本コースには筑波大学医学群医療科学類生も参加して、招へい学生とペアを組んで活動しました。

 各ペアは、実験病理学、睡眠医科学、代謝・内分泌内科学、血液内科学、分子細胞生物学などの医学系研究室の一つにおいて、実際の課題や手法を教わり、研究を体験しました。

写真1
感染生物学研究室にて、クリーンベンチでの無菌操作を見学中。早く終わったペアも合流して熱心に見学していました。
写真2
遺伝子制御学研究室で遠心分離でサンプルを調整中。それぞれのペアが異なる研究室で実験や解析を行いました。

 期間中、各学生は文化や大学のこと、それぞれのキャリアプランなども共有し、未来の医学関連スペシャリストとしての夢を語り合いました。

写真4
インドネシア学生によるトーク。大学のこと、文化のこと、そして、医学、薬学、理学、医療科学、それぞれのバックグラウンドの学生がそれぞれの夢を披露しました。

 つくば市内や東京各所を巡るツアーも行いました。物質材料研究(NIMS)では、再生医療用素材、人工嗅覚に用いるセンサーや装置、磁場で発熱する素材をガン治療にどう応用するか、人工関節に適した素材開発などについて教えていただきました。

写真3
物質材料研での見学。物質材料研には前回に引き続き見学を受けいれていただきました。2グループに分かれて所内研究室を巡り、医療に役立つ様々な先端材料やその研究を学びました。

 宇宙航空開発機構(JASSO)では、宇宙飛行士の健康管理(宇宙医学)についても見学しました。

 また、医療科学類生が企画した弓道体験、昼食会などでは、全体で親交を深めることができました。

 医科学に興味をもつ招へい学生、日本人学生双方にとって有意義な体験となりました。

 詳細な活動内容は、Tsukuba Journal of Medical Science (ISSN1349-2969)に掲載します。

写真5
体験内容のプレゼンテーションは、Medical English Communication Centerの教員のアドバスを受けながら完成させました。
写真6
最後のプレゼンテーションでは各ペアが学んだ研究について紹介しあいました。医療科学類生のアイデアで、発表に対するコメントを用紙に書いてフェアウェルパーティにて張り出したのは好評でした。

活動報告