さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成28年度> 一般公募コース > 第247号

[本文]

活動報告(一般公募コース) 第247号

食循環型社会構築と生物資源有効活用に向けた交流プログラム

大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授 山崎伸二さんからの報告

 21世紀に入り世界人口の益々の増加が見込まれ、先進国と発展途上国が協力し合って環境に配慮しつつ経済を発展させながら安全な食料供給を行なう循環型社会を構築していくことが求められています。

写真1
大阪府立大学と大阪大学の主催で開催したさくらサイエンスシンポジウムに参加し講演を聴いているカントー大学とカセサート大学の学生と教員(大阪府立大学 i-siteなんば)

 一方、熱帯・亜熱帯地方の植物や食品生産過程で排出される廃棄物の中には、有効利用できる生物資源が含まれている可能性があります。

 このような背景のもと、地理的、文化的な繋がりが強く、食料の輸出入国という関係でも重要なASEAN諸国に我が国の最先端科学技術を紹介し、また将来を背負って行く両国の若者が交流しながら標記の課題について相互に考える機会を持つことができました。

 ベトナム、カントー大学農学応用生物学部とタイ、カセサート大学獣医学部の学生が平成28年10月2日から8日までの7日間来日し、大阪府立大学と大阪大学で企画した様々なプログラムに参加しました。

 グランフロント大阪にあるナレッジキャピタルの訪問、大阪府立大学りんくうキャンパスとなかもずキャンパスの見学と獣医学専攻、応用生命科学専攻、緑地環境科学専攻における食の安全や生物資源の有効利用に関する研究活動の紹介、大阪府立大学の辻学長表敬訪問、大阪大学吹田キャンパス、特に薬学部と生物工学国際交流センターの訪問(薬用植物園や産学連携共同研究センター)と施設見学や先端技術に関する講演、さらに、大阪府立環境農林水産総合研究センターを訪問し、施設見学や研究紹介をして頂いきました。


大阪府立大学辻洋学長を表敬訪問した時の集合写真
(前列中央右が辻学長、その左がタヌー博士[カセサート大]、後列中央がヌー博士とハー博士[カントー大]、写真左側と右側にそれぞれカセサート大学とカントー大学の学生)
写真3
企業人、研究者、クリエーターや一般生活者が集まり、交流することで新しい価値を生み出すことをコンセプトとするナレッジキャピタルの見学(グランフロント大阪)

 東京大学の食の安全研究センター長の関崎教授と神戸大学食の安全研究センター長の大澤教授を招へいし、大阪府立大学と大阪大学主催のさくらサイエンスシンポジウムも開催しました。

 大阪府立大学からは5名の教員が、大阪大学からは2名の教員が講演した。内容は食品廃棄物からのバイオマス生産や環境保全に基づく持続性ある食生産から食生産過程における薬剤耐性菌の諸問題や食中毒細菌の制御等食の安全に関する様々な話題が提供されました。

 これらの中にはタイやベトナムで展開された共同研究成果も含まれていました。カセサート大学のタヌー講師からは獣医学部の紹介、カントー大学のハー准教授から食品工学科、ヌー准教授から獣医学科の紹介をして頂き、今後の連携についても議論しました。

写真4
大阪大学生物工学国際交流センターで食品や環境中の残留抗生物質の検査のための最新技術やその技術を応用した新たな検査機器に関する講義および施設見学に参加しているカセサート大学の学生(講師 島津製作所 北村孝平博士)
写真5
大阪府立大学りんくうキャンパスでの獣医学専攻が取り組む食の安全に関する研究成果を聞いているカントー大学とカセサート大学の学生と教員

 最終日は、ウエノフードテクノの三田工場およびR&Dセンターを訪問し、施設見学や国内や海外、特にタイを中心に展開されている食の安全に関する事業概要についての紹介して頂きました。

写真6
ウエノフードテクノの三田工場、R&Dセンターで食の安全に関する取り組みの講義を受けた後、質問しているカセサート大学の学生

 参加した学生から質問がでるなど、学生の関心の高さが伺われました。

 その後、りんくうキャンパスに戻り修了式を行い、参加者1人1人に山崎から修了証書を手渡しました。両大学の学生共に本プログラムの内容に満足してくれおり、日本の文化や食の安全や生物資源の有効利用に関する科学技術に興味を持ってくれたようです。

写真7
修了式で修了証書を受け取ったカントー大学の学生(左)と実施主担当者の大阪府立大学の山崎(右

 このプログラムが将来、日本とタイやベトナムとの橋渡し役となり、食循環型社会構築と生物資源の有効活用に向けた課題解決の一助になることを期待します。

写真8
ウエノフードテクノの三田工場、R&Dセンター訪問後にロビーで撮影した集合写真
(カントー大学、カセサート大学の学生と教員、後列左と右2名ウエノフードテクノのスタッフ、後列中央右、阪大の住村准教授、後列中央左、府大の山崎[実施主担当者])

平成28年度 活動報告