さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第118号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第118号

高齢者の健康増進・介護予防分野での取り組みを学ぶ

筑波大学体育系田中喜代次研究室からの報告

 平成28年10月11日(火)~16日(日)、筑波大学体育系田中喜代次研究室では、中国の中央民族大学体育学院から教員1名、大学院生3名、学生5名の計9名を迎え、プログラムを行いました。

写真6
和食レストランでの歓迎会時集合写真

 今回のプログラムは、筑波大学体育系田中喜代次研究室が高齢者の健康増進・介護予防分野で展開する特徴的な取り組みについて、セミナーや実習を中心とした活動等によって理解を深め、将来的に参加者が本学との共同研究、大学院への入学等を志すことを促す基盤形成・関係構築を行うことを目的に実施したものです。

 6日間の滞在期間中には、筑波大学および近郊において、セミナー(日中の代表者による大学紹介、研究発表、意見交換)、運動指導の実習、高齢者を対象とした運動教室の見学、データ収集の現場見学など、多くのプログラムがおこなわれました。


セミナーでの一コマ

写真1
高齢者向けリズム体操の実習風景

写真3
互いに大学紹介や研究発表をおこないました

 筑波大学からの一方的な情報提供に留まらず、中央民族大学の特徴(少数民族の人材育成を使命とし、56民族の全てが集まっている)を活かした、ダンスや伝統の遊びの披露が行われ、研究室員一同が中国への興味を抱くきっかけ作りにもなりました。

写真4
高齢者向け運動教室の見学中にダンスを披露してくれました

 自由時間には、JAXA(宇宙航空研究開発機構・茨城県つくば市)の見学も行い、参加者の方々は日本の科学力の高さに驚いていました。また、学内や近くの公園の散策、ショッピングモールでの買い物も行い、「とても整然としており、なにより道にゴミが落ちていないことが素晴らしい」などの感想を話していました。

写真5
JAXAでの記念撮影

 このプログラムに参加した大学院生・学生の全員が、日本での研究・生活を体験し、理解を深められたことに対して大変有意義であったとの感想を述べていました。最後に、このような貴重な機会を与えて頂いたさくらサイエンスプランに、深くお礼を申し上げます。

活動報告