さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 平成28年度> 一般公募コース > 第75号

[本文]

活動報告(一般公募コース) 第75号

テクニカルチャレンジ2016~香港VTCの学生とともに

北九州工業高等専門学校からの報告

 9月18日(日)~9月25日(土)の日程で、北九州工業高等専門学校にて香港VTC学生8名、教員1名をお迎えし、「テクニカルチャレンジ2016」を行いました。

 テクニカルチャレンジ2016は、本校学生と海外の学生で編成されたチームが、将来のエンジニアに必要となる様々なスキルを学習し、課題を達成するという、技術課題に挑戦するプログラムです。また、自分の伝えたい事を表現するとともに、相手の伝えたい事を理解するという、英語によるコミュニケーションの実践、および、グローバルエンジニアとしての意識を高めることも目的の一つにしています。

 9月20日には、ウェルカムセッションを行い、学校概要説明や、参加した北九州高専学生と香港VTC学生による、お互いの自己紹介を兼ねた英語によるスピーチを行いました。お互いの国の文化や、興味を持っていることなど、お互いを知る良い動機付けとなりました。


ウェルカムセッションでの記念写真(本校学生・教員と)

学校概要説明


国際交流委員長あいさつ

 19日、21日、23日にはテクニカルセッションⅠ、Ⅱを実施し、ロボットキットを利用したロボットの設計・作成、ロボット作成コンセプト等のプレゼンテーション、ロボット相撲大会 を行いました。このテクニカルセッションは、英語でコミュニケーションを取りながら、ロボット設計の様々なアイデアを出し合い、技術的な討論をするという、大変有意義なセッションとなりました。


作成したロボットの動作確認風景

ロボット設計のアイデアを出し合う


各チームのプレゼンテーション

作成したロボットによる相撲大会

 22日には、明治から大正にかけて作られた建物が今でも多く残っている門司港レトロ地区や、小倉城を見学しました。現代へつづく日本の歴史、北九州地域の変遷に触れることで、日本の文化を体験することができました。また、世界的企業の1つであるトヨタ(トヨタ自動車九州)の自動車工場を訪れ、日本が誇る自動車産業の最新技術について学習しました。


トヨ自動車九州工場見学

工場見学にてエンジン部分を真剣に見つめる香港VTC学生

 23日の修了証書授与では、北九州高専校長から、一人ずつに修了証書が授与されました。


修了証書授与での記念写真

 香港VTC学生から、「大変有意義なプログラムだった。次回のプログラムについても是非参加したい。」と嬉しい感想をいただきました。

平成28年度 活動報告