さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第45号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第45号

中国・ベトナムの高校生が修了式と歓送会

国立研究開発法人科学技術振興機構

8月15日~22日の日程で来日した高校生特別コース・第6グループ(中国56名、ベトナム33名)の計89名(引率者を含む)が全プログラムを終了し、本日(8月21日)その修了式が、オリンピックセンターで行われました。来賓として中国とベトナムの在日大使館から関係者が出席し、また、日本側からは外務省と文部科学省から担当官が出席して、高校生たちに激励の言葉を送りました。

引き続き、高校生を代表して、まず中国からHong Shengnana君が「JSTをはじめ、日本の受入れ側のキメ細かな配慮に感動した」「日本科学未来館の毛利館長の話がとても興味深く、将来は宇宙船の技術者になりたい」と感想を述べ、さらにベトナムのNguyen Minh Tri君は「日本人の勤勉さ、規律正しさ、忍耐強さが印象に残った」「日本の高い技術とインフラに目を惹かれた」と日本滞在の印象を語りました。


来賓の阮湘平・在日中国大使館公使参事官は「君たちの今回の体験は今後の人生においても重要な体験」と挨拶

「今回の交流プログラムを通じて体験したことをベトナムの皆さんにも話してください」と語るPham Quang Hung 在日ベトナム大使館一等書記官


「科学技術への夢を膨らませ、アジアそして世界に貢献して欲しい」と挨拶する川田勉・外務省中国・モンゴル第1課地域調整官

「経験は視野や考え方を広げてくれる。より一層の研鑽を積んで頂たい」と挨拶する宮原有香・文部科学省科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(国際戦略室)専門官


中国高校生を代表してHong Shengnana君が報告

ベトナム高校生代表はNguyen Minh Tri君

引率者からの報告として、中国・広州市第二中学のZuo Tao先生は「ノーベル賞受賞者の小林誠博士から直接話を聞くことができ、また質問の時間も設けられており、高校生たちには貴重な経験だった」と語り、ベトナム教育訓練省のDang Thuy Chi シニアー・オフィサーは「科学技術は成功のカギを握っている。日本のような先進国は他の国にそれを橋渡しする任を担っている。その意味からもさくらサイエンスプランは素晴らしい」と述べました。その後、JSTの小原満穂理事から生徒代表に修了証とバッヂが手渡され、修了式は終了しました。


中国高校生の引率者、広州市第二中学のZuo Tao先生は物理の教師

ベトナムは教育訓練省のDang Thuy Chi シニアー・オフィサーが感想を述べた。


小原満穂JST理事がベトナム代表の高校生に修了証を授与

中国の高校生代表に修了証を授与する小原JST理事

引き続き開かれた歓送会では、中国の生徒たちが太極拳や歌を披露し、1週間の間にすっかり仲良くなった2カ国の高校生たちはいつまでも名残おしそうに写真を撮りあって、最後の夜を楽しんでいました。


阮湘平・在日中国大使館公使参事官を囲む中国の高校生たち

「お寿司が大好き」とベトナムの高校生たち


中国の高校生は太極拳を披露

中国の高校生からJSTへプレゼント

活動報告