さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第35号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第35号

駐日ブルネイ大使のアットホームなおもてなしに感激

国立研究開発法人科学技術振興機構

第5グループで来日中のブルネイ・ダルサラーム国の高校生10名と引率者2名が、本日、駐日ブルネイ全権大使のハジ・マハムード・ビン・ハジ・アハマド閣下を表敬訪問しました。

大使は高校生たちに言葉をかけて迎えられたあと、ブルネイ料理のランチとお菓子でもてなして下さいました。日本に到着して5日目になり、高校生たちも母国の味が恋しくなる頃なのか、皆、大使の心遣いに感激しながら、舌鼓を打っていました。


大使からの質問に、一生懸命答えを探す高校生たち

大使のご発言に耳を傾ける高校生たち


なつかしい故郷の味を存分に楽しむ男子高校生たち

カラフルなブルネイのお菓子

大使曰く、イスラム国家であるブルネイでは断食月(ラマダン)が終了したあと、お互いの家族や友人を自宅に招き、沢山の料理でもてなす「オープンハウス」と呼ばれるパーティを開くとのことで、ちょうど今年のラマダンも2週間前に明け、同じスタイルで今回、準備をされたとのことでした。

高校生に対して大使は「日本では、人の規律正しいところ、あたたかさ、安全なところなど、私たちが学ぶべきことが多い国なので、日本を訪問した今回の機会を生かして、これからも日本との交流を深めていって欲しい。また、日本からもブルネイを訪問する学生が増えて、相互交流が活発になることを望んでいます」と話されました。

また、大使は「私には2人の息子と2人の娘がいるが、16歳の娘は4回も日本に遊びに来ている。浴衣の着付や浅草見物を楽しみ、大好きなおにぎりを買いに、深夜に一人でコンビニに行ったりする。そんなことは他国では心配で行かせてあげられないが、日本では安心していられるので、素晴らしいことだ。」と身近なご家族のエピソードまで話してくださいました。


高校生たちをあたたかく迎えられた、ハジ・マハムード・ビン・ハジ・アハマド大使

大使の話を熱心に聞く高校生たち


最後に大使館前で記念撮影

活動報告