さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > さくらサイエンス・ハイスクールプログラム > 第7号

[本文]

活動報告(さくらサイエンス・ハイスクールプログラム) 第7号

サイエンスミュージアムのヘンシンミラーの一番人気は宇宙飛行士
高校生特別コース(第1グループ)

国立研究開発法人科学技術振興機構

 日本の滞在もあと2日となった5月14日(木)、インド・タイ・フィリピンの高校生たち100名はお台場にある「ソニー・エキスプローラサイエンス」を訪れました。

 同施設は「光」「音」「エンタテイメント」を科学するサイエンスミュージアムで、エレクトロニクス製品やゲーム・音楽・映画などのエンタテイメント技術に応用されている最新の科学技術を30以上ものさまざまなゲームや遊びを通じて体験することができます。


フィリピンからの女子学生は「こんなミュージアムは初めて」と次々にゲームにトライ。


自分の声をビジュアルにあらわす「ボイス・ビジュアライザー」で色々な声を試してみると…



壁がどんどん変化する様子にびっくり。

 「ARヘンシンミラー」ではAR(拡張現実)でお雛様などいろいろなキャラクターに変身。さすがサイエンティスト志望の高校生たちだけに、宇宙飛行士に変身するのが一番人気でした。


友達が色々変身していくのが面白く、皆で大笑い


宇宙飛行士に変身して大満足のインドからの高校生


 さらにカメラの前に座って笑うと、その笑顔を採点してくれる「スマイルランキング」、手で作った影絵が動物になって動き出す「ホロウォールテーブル」画面上のパペットが自分と同じ表情と動きをする「モーションキャプチャーパペット」など、体験ゲームに高校生たちは大喜びです。


スマイル対決。勝ったのはどっち?


スマイルの点数が低くてすこしがっかり気味の引率の先生



一番いい笑顔を選び出すスマイルランキングは人気の的


手の影絵が動物になって動き出す。


自分の動きに合わせて踊るパペットに挑戦


 次から次へと試してみては友達と笑いあったり、飽きずにずっとゲームに没頭したり、大学や研究施設とは少し趣の異なったリラックスしながらのサイエンス体験でした。

活動報告