さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第241号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第241号

インドネシア・ハサヌディン大学から教員を受け入れ
岡山大学大学院医歯薬総合研究科歯科からの報告

岡山大学大学院医歯薬総合研究科

 平成28年1月15日~2月4日までの15日間に、JSTさくらサイエンスプログラムの支援を受けた「インドネシア・ハサヌディン大学の教員を対象とする日本の最先端歯学研究および臨床技術の体験プログラム」により,インドネシア・ハサヌディン大学の教員2名を大学院医歯薬学総合研究科に受け入れ,交流プログラムを実施しました。

 ハサヌディン大学は,インドネシアの歯学系教育研究機関では,最優良Aランクに認定されている優秀な大学です。現在,岡山大学大学院医歯薬総合研究科歯科放射線学と咬合・有床義歯補綴分野にはハサヌディン大学の教員の先生が在籍しており,一層の交流の発展がなされました。

 来日直後の寒さに慣れない中,雪のちらつく中プログラムが開始しました。プログラムは,岡山市長への表敬訪問から始まり、期間中毎日開催された、先端研究に関する講義シリーズの合間を縫って岡山市役所を訪れました。

岡山市長表敬訪問①
岡山市長表敬訪問①
岡山市長表敬訪問②
岡山市長表敬訪問②

 先端研究に関する講義は、岡山大学歯学部の基礎分野から臨床分野までの多くの範囲を網羅した全15回の講義が行われ、活発な討議も行われました。

 また、岡山大学病院の診療室の見学に加えて学生基礎実習に参加し、岡山大学における臨床と基礎実習を体感して頂きました。

先端研究に関する講義シリーズの講義聴講中①
先端研究に関する講義シリーズの講義聴講中①
先端研究に関する講義シリーズの講義聴講中②
先端研究に関する講義シリーズの講義聴講中②

臨床と基礎実習を体感①
臨床と基礎実習を体感①
臨床と基礎実習を体感②
臨床と基礎実習を体感②

 週末を利用し、同時期に来日されていた他国の教員や学生とともに倉敷を訪問しました。

週末を利用し、同時期に来日されていた他国の教員や学生とともに倉敷を訪問①
週末を利用し、同時期に来日されていた他国の教員や学生とともに倉敷を訪問①
週末を利用し、同時期に来日されていた他国の教員や学生とともに倉敷を訪問②
週末を利用し、同時期に来日されていた他国の教員や学生とともに倉敷を訪問②

招へいした先生方のコメント

Ardi先生

First of all, thank you profusely for university Okayama invitation to us to follow SAKURA program as a participant. I am very pleased to be visiting Japan especially those Okayama city, a very beautiful city, disciplined and organized, moreover, I came in winter, it becomes an interesting experience to me. Secondly, I would get a lot of knowledge and insight as well as a new experience of dental education at the university Okayama, hopefully I can use to develop the faculty of dentistry at the University of Hasanuddin. Then, as a lecturer at the department of orthodontics at the same orthodontist, I really hope to develop my knowledge of orthodontic continuing course of my PhD studies at the university this Okayama, hopefully orthodontic department of Okayama university may accept me as a PhD student. Lastly, thank you for all the hospitality of the Okayama University, and hopefully the cooperation between Indonesia and Japan, especially those Okayama University and Hasanuddin University continues to run well.
Thank you

Irfan先生

Firstly, I am very thankful and grateful to have been given the opportunity to participate in this program because it has opened our horizons as a university lecturer in education at university Okayama especially regarding the development of science and research. I am very much hope that we are acceptable for continuing education as Ph.D course in Oral and Maxilofacial Reconstruction Surgery in dentist school of Okayama university. Secondly, we hope this program can continuously be doing between Indonesia and Japan University, particularly Hasanuddin University and Okayama University that result exchange science of knowledge both of university.


活動報告