さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第220号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第220号

「スマートシティのまちづくりとVR技術の開発応用」
金沢大学理工学域環境デザイン学系からの報告

金沢大学理工学域

 中国西南交通大学建築設計学院から,スマートシティの建設とVR技術の利用について研究を行う予定の副院長万教授と若い教員10名を招へいし、2月12日から21日の日程で、さくらサイエンスプランによる交流プログラムを実施しました。

 中国の学生たちが、スマートシティ建設の先進的技術を学ぶためにプログラムを企画し、内容としては、日本の環境保全を目標としたスマートシティの建設、VR技術の活用に関連する都市計画の役割をキーワードに,金沢におけるエコハウスの見学、VR技術の学習、またスマートシティ研究関連のSPSD国際ワークショップへの参加という内容で、国際連携のための研究ネットワーク形成拠点を作ることを目標として行われました。

活動の様子1
国際ワークショップでの様子
活動の様子2
金沢市市民芸術村の見学

 2月13日に金沢市文化ホールで最初の研究交流を行い、翌日は日曜日だったので、金沢市内の歴史建築の見学を行いました。そして,研究室の学生も含めて,15日に世界遺産の白川郷を見学し、その夜には、研究室主催の国際ワークショップの歓迎会があり、参加しました。に出席した。SPSD国際ワークショップには、日本国内の大学と関連企業、中国の北京大学、同済大学と中山大学の研究者が出席していました。ビッグデータと都市計画をテーマにした研究会で、日本と中国のスマートシティの建設に関する研究がテーマでした。

活動の様子3
世界遺産白川郷の見学

 17日には、石川県のエコハウスを見学しました。エコハウスでは、太陽光発電のHEMSや地熱の利用などの日本の先進技術を体験でき、日本のスマートシティ建設の最先端技術を見学できるので、皆さんが熱心に話を聞いていました。

活動の様子4
金沢市市民芸術村の見学

 その後、金沢町家研究会と金沢市市民芸術村も見学しました。金沢町家研究会では、金沢大学名誉教授川上先生と中国の先生が講演され、皆が金沢市の都市計画関連の話を伺いました。

 18日には、能登半島へ文化体験を実施しました。翌日の19日の午前中は、FORUM8金沢事務所で、FORUM8の社員によるVR技術の講義を受けました。特に、スマートシティの建設には、ICTの技術が不可欠で、関連VRの技術の可能性を学びました。

活動の様子5
金沢町家研究会の講演会
活動の様子6
金沢市文化ホールで研究交流

 20日には、金沢大学で研究室学生と研究交流を行い、VR技術や成都市において計画されているスマートシティのプロジェクトについて意見交換を行い、共同研究の可能性を検討しました。そして最後に、金沢大学で修了式を行いました。

活動の様子7
FORUM8にて
活動の様子8
修了式後に記念撮影

 今回のプログラムにより日中の研究交流が行われ,貴重な研究拠点のきっかけ作りとすることができました。参加メンバーも同じ思いを共有してくれていると信じています。

活動報告