さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第55号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第55号

化学製品の広がりや可能性を実感 <参加者からの感想>
中国からの研修生が総合化学メーカーに学ぶ(その2)
住友化学株式会社からの報告

住友化学

<参加者からの感想>

上海地区大学 修士2年生

このインターンシップを通じて、住友化学のビジネススタイルや職場の雰囲気を体験するとともに、日本での生活や文化を体験できました。特に印象的なのは、日本人の自分の仕事に対する情熱と責任感、会社に対する帰属意識の強さ、とても真面目なところです。職場では、「ホウレンソウ」というビジネスマナーのもとにコミュニケーションを取りながら、上司と信頼関係を築いていました。また、日本人は、仕事だけでなく日常生活においても、挨拶を重視するなど礼儀正しく、他人への配慮を常に心がけていることもわかりました。それ以外にも、電車やバスには時刻表があるなど日本の公共インフラ等はしっかりと整備されており、日本の生活は非常に便利であると感じました。さらに、日本の食べ物は美味しく、盛り付けなども綺麗でした。それだけでなく、食堂でのメニューにはカロリー等が記載されており、体調管理に役に立つと思いました。日本は住みやすく、働きやすい国だと思いました。

北京地区大学 学部3年生

住友化学でのインターンシップは、非常に細かいところまでアレンジされており、インターンシップ期間中、サポートしてくださった担当者の皆様に感謝しております。インターンシップを通じて、日本の文化をこれまでよりも深く体験でき、仕事上のスキル等も勉強することができました。

大連地区大学 学部3年生

今回のインターンシップを通じて、住友化学の企業文化や日本人の働き方について深く理解できました。また、全社員が一丸となってこの会社を支えているという使命感を持ち仕事している姿に共感しました。インターンシップでは総務部門に配属され、通常業務や仕事に求められる基本的な素養を学び、与えられた課題を遂行しました。また、多くの友達を作ることができ、彼らといろいろ話をする中で、日本の文化を理解し、新しい日本を発見しました。今後も、初心と謙虚さを忘れず、今までと違う環境でもチャレンジ精神を持って、学び続けたいです。また、仕事を通じて、自分には何ができるのか、そして何が不足しているのかを認識し、一つずつ解決していきたいと思います。さらに、自分の専攻を十分に活かし、積極的に仕事を覚えて、会社で早く一人前になれるよう、与えられた仕事に全力でぶつかりながら頑張りたいと思います。

活動報告