さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第96号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第96号

江原大学校(韓国)の学生による交流成果発表会

東京都市大学

 2014年10月9日(木)、東京都市大学世田谷キャンパスにおいて、科学技術振興機構(JST)が主催する「さくらサイエンスプラン」で招聘された江原大学校(韓国)の学生による交流成果発表会が行われました。

 江原大学校の学生は、東京都市大学工学部医用工学科 平田孝道教授及び研究室所属学生らの協力により、日本科学未来館や東京都市大学キャンパスを見学するとともに課題研究に取り組み、「プラズマを用いた表面処理、ナノカーボン材料(カーボンナノチューブやグラフェン)の医療応用」等の医用工学分野をテーマに、平田教授や研究室所属学生を前に英語によるプレゼンテーション(研究発表)を行いました。


研究室訪問の様子。

 参加した両国の学生は進んで英語での発言に終始し、時には語彙単語に詰まる場面も見受けられましたが教授らのサポートなどを受け、熱心な議論を展開しました。


 今回の成果発表会で10日間にわたる交流事業が終了しましたが、当事業は東京都市大学で学ぶ学生にとっても国際感覚を養う有意義な機会となりました。


活動報告