さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第51号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第51号

甘粛省天水市を中心とする高校生訪問団30名が
「海洋」テーマで研修活動

一般社団法人日中科学技術文化センター

 さくらサイエンスプランで招へいされた高校生27名引率3名からなる訪問団が、8月26日に到着しました。
 今回の研修テーマは「海洋」。海に馴染みのない中国内陸部の高校生を招へいし、彼らにとっては未知の事柄に触れることで視野を広げ、同時に海洋国である我が国についての理解を深めてもらえるよう、様々な活動を用意しました。

【九十九里浜で初めて海に親しむ】

 「初めて海を見る」という高校生がほとんどであり、まずは海に「親しむ」ことからスタートしました。


初めて見て触った海! この感動!

 九十九里浜での浜遊びや地引網への参加など、存分に海に触れてもらいました。また、蓮沼海岸にほど近い民宿を宿とし、アットホームな雰囲気の中で和室に泊まる体験をしました。
 民宿を手伝っている地元の高校生との交流もありました。


地元の人たちに交じって地引網に参加しました。


全員揃っての民宿の晩御飯。みんな楽しそうでした。


【さまざまな施設の参観をしました】

 海をテーマにしたさまざまな施設を見学し、海洋に関する理解を深めました。特に日本の最先端技術に関わる展示やレクチャーに刺激を受けました。
 また、海洋に関する研究機関・大学を訪問し、研究者の先生による直接講義を受けました。研究用の大がかりな機材に直に触れたり、大学の研究室を訪れて、大学院生たちと交流しました。


勝浦海中公園で。


JAMSTEC地球情報館。



三菱みなとみらい技術館。

東京大学大気海洋研究所で。


東京海洋大学で。


活動報告